あっ旅

世界一周を目指し放浪中の旅好きなあほです。

タジキスタン 世界一周 中央アジア

【パミールハイウェイ自転車旅行6日目】最高標高4655mの峠を突破!!!

おはようございます!

パミールハイウェイ自転車旅行6日目です!

パミールハイウェイ最高地点標高4655mの峠にて

パミールハイウェイ最高地点標高4655mの峠にて

オシュで自転車を買うところから

オシュで100ドルの自転車を買う!~パミールハイウェイ自転車旅行準備編~

 

10日間の旅と準備の様子をまとめた記事はこちら

パミールハイウェイ自転車旅行ざっくりまとめ!

 

パミールハイウェイ自転車旅行6日目

パミールハイウェイ自転車旅行6日目

パミールハイウェイ自転車旅行6日目

4655m峠のふもと→ムルガブ、走行距離86キロ

 

夜中寒すぎて目覚めた。日中は日差しが強く暖かいけれど、夜の冷え込みに恐怖を覚えた。自分の装備を考えると、もし目的地へたどり着けずキャンプをするようなことがあれば厳しいかもしれない。

 

朝起きてもやはり寒かった。ユルトの中も冷え込んでいて、寝袋や布団の外のリュックなどの荷物もすべて冷え切っていたのだ。冷蔵庫の中で寝ていたのだろうか。そのせいか日が出てくるまで動く気にならなかった。 

 

ユルトの中で寝袋と布団をかぶって歩いて程度パッキングをしたりナンに噛り付いていた。朝ごはんなしの予定だったが、横の暖かいユルトへ招いてもらって目玉焼きとチャイをくれたのは本当に助かった。やっぱナンだけじゃ無理だ。固くなって食べにくいし何より冷え切っている・・・。

 

ということで、朝早く出発しようとしていたのだが、寒くて出発が遅くなってしまった。

 

日も出てきはじめて、キルギス時間の9時過ぎに出発した!

一日寝たからと言って、未舗装には変わりはない。

4453074E-FB33-4DEF-A726-2AFA37C9D59D

 

今日はパミールハイウェイ最高地点である4655mの峠がある。

今いるところが4200mほどあるので高低差はそんなにはないのだが、4655mとは今まで降り立ったこともないし、もしてや自転車で自走してそこまで行くということもコンディション的にどうなのか。そして路面状況もわからないかった。

 

それでもぼくは自転車を漕ぐしかないのだ。幸い傾斜は大したことはないので未舗装でも気にならずゆっくりと進んだ。

A8432573-C048-4237-A6CC-556CBD662AFA

 

ギアを変えた際にチェーンが外れるようになった。

79A74569-A89B-41B3-856D-E6ED683FD9BA

 

車とすれ違えば、砂ぼこりがすさまじい!!!風を考えて左右によけた。

9AA47FEB-9AAB-4D7A-8041-9D01784036CB

 

足もとに、残雪を見るようになった。

B74113F8-CE01-450C-B1C9-012137E927CF

 

あまり振り返りたくはないが、振り返るとちょうど順光でとても美しかった。自分がここを通ってきたんだと嬉しくなった。

4E20223E-4DC2-42E9-905C-3732E3050A7A

 

E908FF5E-E77C-447F-A1C1-0F5800DAEB48

 

最後は多少急だったが、それまでの傾斜が大したことないこと、まだ午前中といったこともあって、意外にも4655mの峠をさくっと上ることができた。

BFC76772-5B82-47DE-A5FF-8D3B2F33FB6A

 

11時半頃にパミールハイウェイ最高地点標高4655mに到着!

パミールハイウェイ最高地点標高4655mの峠にて

パミールハイウェイ最高地点標高4655mの峠にて

峠は日差しもあってそんなに寒くなかったし、意外にも標高を感じさせなかったので、自転車をとめて散策した。

 

頂上に看板がないのは残念だったが、景色は抜群に良かった!!!

3457CB35-BD72-40EA-BB88-B54030591AF4

国境方面

 

AF493934-D6BE-464B-8A14-ADF597781408

ムルガブ方面

 

くだりは未舗装なのでかなりゆっくりとくだった。

52560361-FDC8-4F02-8999-278220B4E2BD

 

7EC96603-AA51-48B0-88CD-00B89C929B28

 

すぐにコンクリートになるがぼこぼこなので気を付けながら走る。ここでケガをしても車はほとんど通らないので誰も助けてくれない。電波もない。

 

くだり基調なので、かなり楽だったのだが、ムルガブ50キロ手前くらいから向かい風に悩まされた。くだりなんだけど、漕がないと進まない。軽い登りみたいだった。

BFC1574A-59D5-450C-8B0E-7AF921AF7D38

 

8A7D75C2-3802-49ED-B54E-4216B371EC59

 

05BE42F0-CF83-4640-96C4-2D68C77844EC

 

この日すれ違ったチャリダー、基本的に自転車の経験豊富そうなスペシャリストのような人たちが走っている。積載もばっちしで半分以上の人が自国から乗ってきていた。

F7F21F88-D03D-4A1F-96C3-0E943C144D0D

 

地道に自転車を漕ぎ続けて、16時半ごろにムルガブに到着した。

97C54C0E-2AB3-4E0B-8AB7-C06EAB218265

 

D5505781-9602-4378-A9D6-3CC57B5E941F

 

ここはぼくが出発したオシュから417キロ離れている。

90E56B65-5EAB-47D6-8455-20DBA74F66F7

 

ムルガブはパミールハイウェイを通ってオシュからホログまで行く旅行者みんなの中継地点のような場所。もしオシュから車に乗っても、ここで1泊することになるだろう。

 

ムルガブでは休憩もしたいしすることがあったので、宿探しに時間を使いたくなくてバックパッカーでは有名なパミールホテルへ!

ドミトリーが10ドル(朝飯付き)と少し高いけど仕方がない。ほかにもホームステイなどあるので安いところはほかにもあると思う。

 

ムルガブの町

C3AF7072-0F9D-46F5-9781-5D444F925CB3

 

F73705D8-6AF9-4F57-AB0E-01955087B28E

 

さっそくバザールへ向かう!その道中でこどもがおいしそうなナンを持っていたので場所を聞いて購入!

また、警察がパスポートチェックしてきた。ビシュケクの腐敗警官のイメージがあったので「アーユーポリス?」とか失礼なことを聞いてしまった。パスポートを保持していたので問題はないのだが、もっていなかったらいくらかお金を取られていたかもしれない。

結局、バザールに到着したころにはほぼ閉まっていた。

8E92C4FA-9C1F-45F4-BEFB-ECBAC1130E57

 

ここのバザールはコンテナの中で営業しているところがほとんど!

905B55BB-2AEB-4330-B843-DA7A30A25979

 

とりあえず、最低でもタジキスタンのシムカード買おうと思っていて、幸いにも入口にメガフォンがあった。

80ED1BD6-0EF1-4E54-9138-86FF897B3CC0

 

1ヶ月2ギガ70ソムニ

683586CD-C62D-4BFB-8DDB-ADD6EE93210E

やや高い気はするが仕方がない。ムルガブでは使えたが、基本的にほかの地域はホログへ行く手前まで使えなかったが、購入が楽なのでここで買っておくのはいいと思う。

結局、バザールでは買い出しできず。

 

また、夜にがっつり飯が食べたいなと思いバザール付近まで行くが、レストランは空いていなかった。街灯はなくて暗く、犬もいたのでしょうがなく井戸で水を汲んでから宿で食べることにした。

宿の飯は量が少ないのに15ソムニもした。

47F1DB79-215C-4F50-8491-CC8E20BFA371

 

このパミールハイウェイの旅はエネルギー補給が難しいと感じた。お金を出せばそりゃいいものをたくさん食べれるかもしれないが、ぼくが求めているような旅はそんな旅ではない。お金でできるだけ解決したくない。

 

夜は早めに寝た。

ホテルのドミトリーだったので熟睡できたのはよかった。誰かの靴のにおいが凄まじかったけど!

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます!

 

でわでわ。