あっ旅

世界一周を目指し放浪中の旅好きなあほです。

タジキスタン 世界一周 中央アジア

【パミールハイウェイ自転車旅行5日目】4200mのユルト泊、星も最高に美しかった。

おはようございます!

パミールハイウェイ自転車旅行5日目です。

カラコル湖と自転車

カラコル湖と自転車

オシュで自転車を買うところから

オシュで100ドルの自転車を買う!~パミールハイウェイ自転車旅行準備編~

 

10日間の旅と準備の様子をまとめた記事はこちら

パミールハイウェイ自転車旅行ざっくりまとめ!

 

パミールハイウェイ自転車旅行5日目

099690E0-3477-46BE-82B7-A845366FB297

パミールハイウェイ自転車旅行5日目

カラコル→4655m峠のふもと、走行距離47キロ

 

キルギス時間とタジク時間がややこしい。1時間キルギスのほうが早い。

キルギス時間の8時ごろに起きた。

E777DBBD-CE34-4196-81D3-DA9A1CCFBF0D

 

今日は50キロも漕がないので、ゆっくりする。

昨日の晩飯の残りの冷めたナンとチャイを飲む。できたてのナンはおいしかったのになあ。

 

井戸から水をを補給!

9C28A587-CAFA-44FF-ADD8-385A8DA29287

カラコルにはいくつか井戸があって、井戸のポンプを押しながらだと一人では水を汲めないのでその辺の若者に手伝ってもらった。みんな快く手伝ってくれる。

水の積載量は6.5Lに減らした。

 

歩いて、カラコル湖をサラッと見にいった。

05388010-2603-4DD5-816F-F44116227627

 

カラコルの町、全然人がいない。

55958693-659E-449F-A868-69FC1D4149F8

 

3988CE10-6ABE-41E1-AA00-0934ABB002D2

 

263FD1E9-E680-45A1-AEBB-900B0F056D02

ちなみに、商店は閉まっていた。

 

積載して10時前に出発!

A0D6785B-CF68-492E-AE0D-B2F7FF89EEB2

 

カラコルの町から出ようとすると、「ハローハロー」と子供たちが言ってくれる。

C0B1AB90-3D51-44FB-BD50-50A81A284D39

 

今日は逆風だった!時間もあるので気にしない。

カラコル湖と自転車

カラコル湖と自転車

出発してすぐにイギリス人と出会った。お互い軽装を称賛しあう。彼はレーラダックを自転車で走ることを激推ししてきた。たしかに、憧れる。

26A21802-415A-456C-8BF8-D32BC4AD1130

後にも先にも自転車に前後4バックではない旅人はぼくと彼だけだった。ぼくは2バックでもないんだけど。

 

ひたすら進む。地味にしんどい。平均標高4000ほどあるからな。

3C253CED-BEEE-4667-BC4D-C4E7FC6C7CFD

 

今日も基本的に上りだ。

2B73D091-0E84-487C-8AA2-E44A7D408880

 

ED125F6A-1A3D-4D71-9FA5-CE433AD8EF05

 

4D7ABD74-354D-4C4A-BA19-43234C957039

 

この先に4655mの峠があり、今日はその手前のユルトまで行く予定だ。

一つ目のユルトがあって、そこから未舗装になる。その先をしばらく進んだところにもう一つのユルトがあるらしいのでそちらを目指す。できるだけ峠に近づいておきたい。

E82ACF90-4F86-4F4B-A769-2609C63243E7

 

未舗装で逆風はしんどかった。というよりは、未舗装なのでどっちみちしんどい。

39B0E35B-130E-4B62-B301-42CD8B287816

 

キルギス時間15時にユルトに到着!

96981C4B-3840-4E98-8963-ADD12C8A7BAA

料金は朝晩飯込みで70ソムニ

 

ややハンガーノック気味で疲れすぎて、ぼくはユルトの中でそんまま倒れこんだ。気が付けば布団をかぶせてくれていた。高山病なのか、熱もある気がした。疲れ過ぎたんだろう。ゆっくり休むことにした。

94FD7F86-6105-42F4-A5E5-DC1073FF4277

 

801B498A-1529-4E5B-AD44-5E0DD4E1CC91

 

調子も回復してきたので、ユルトから出てみた。

 

すると、大自然の中に自分が迷い込んだような錯覚がした。大自然の中にいるのは間違いない。

FF956CDA-DDD8-49CC-A5C7-1BBCF404F7EA

 

青空トイレ、なんと反対側には扉はない。開放感がいいかもしれないが、夜は灯りがないので危なさそう。

FB83465C-F676-458C-9738-FC3EA1882885

 

タジク時間17時ごろになると急激に寒くなってきた。ここは4200mほどだ。

 

暖炉に火をつけてもらった。牛糞が燃料でよく燃える。臭くはない。

30FB3CAB-CB39-46D0-AD19-3C6D9CACDD50

 

もう一人チャリダーが反対方向からやってきた。かれはイラン、オマーンをおすすめしてきた!バックパッカーだと会えないような人たちにも自転車だと会える。

FFD4FDDC-8C2D-475A-90CD-380E0FF81992

それにしても、俺の顔の日焼けやばくない!?

 

18時に晩飯

目玉焼き4つ、サモサ、パン、チャイ、ヨーグルト美味しかった!

68CBA2AA-E73E-4100-9D64-9DC9C072C02F

昨日のところはまじでなんであんなにしょぼかったんだろう。

ぼくが到着したのが遅かったからなのか。

 

夜は星がきれいだった。(21時)

03332B27-C1CE-4418-B21D-E7D778BEE0C0

 

標高4200mで見る星は違うなと思った。

E4CB6BCA-0983-4719-8086-2D0938D93D30

 

トイレは、もう大草原でいい。

 

また夜中に急激に冷え込んだ。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます!

 

でわでわ。