あっ旅

世界一周を目指し放浪中の旅好きなあほです。

ザンビア、ボツワナ、ナミビア、南ア 世界一周

【ザンビア】カピリムモシからルサカ経由でリビングストンへ、旅先で冗談は言ったらあかん!!!

2018/05/31

おはようございます!!!

 

二泊三日のタンザン鉄道がカピリムモシに夜に到着してしまったので、駅泊です。

IMG_9534

 

 

カピリムモシからルサカ経由でリビングストンへ

朝起きたら隣にスウェーデン人が寝ていた。

実は彼とはスーダン、エチオピア、ケニアで偶然会っていて連絡先や名前は知らないけれど、ちょくちょく話す仲だった。

多分お金持ちなんだけど、ボロボロの服を着ている。

昨夜彼はホテルに泊まりに行くと思っていたんだけど、高かったのかやめたらしい。

そして、ATMにカード吸い込まれたらしいので、今日まで待たなくてはいけなくなったって。

 

カピリムモシの駅まで乗り合いのバンの運転手が呼び込みに来ていたんだけど、乗り損ねた。

なので、バスターミナルのようなところを目指して、カプリム・モシの町へ歩いていく。

バスターミナルとATMは近いので、朝6時前朝日を眺めながら一緒に歩いていった。

そして、そこでお別れした。

それ以降会っていないけど、元気に旅続けてんのかな。

 

バスターミナルとまでは言えない空き地の端にバス停があって、そこに運賃が書かれていた。

IMG_9537

古いバスが50クワチャ(500円)で新しいバスが60クワチャ(600円)

これ英語で書かれているんだけど、ザンビアあたりから現地民も結構英語で話しているのを聞くようになった!

もしくは現地民に見えて、アフリカの他の国なのかもしれないけど。

 

そしてここに現れたのは乗り合いのバンだ!

IMG_9538

 

「バスはまだまだ来ないぜ!!!俺たちは今から出発するけど?」

 

「70クワチャだ!」(700円)

事前に情報収取をしておらず、それに、かなりせかされたので乗っちゃった。

俺の荷物をバスの中に入れるのはいいけれど、埃だらけで嫌なんですけど・・・。

しかも、ザックカバー付けてんのに無視して、背中の面を下に置きやがった!!!

ちょっと文句言ったら、

ドライバーは「セーフティー、セーフティー」と行ってきた。

んで、そのままバンの中で寝落ちした。

気が付けばもうルサカだった!

 

ルサカの乗り合いバスのターミナル?かわからないけれどなかなか大きかった。

何となくルサカはいいやと、そのままリビングストンへ行く。

ビクトリアフォールズはあんまり興味がなかったけれど、これからボツワナへ行き、そこから南下して南アフリカまで行こうと思っていた。←ここ重要です。

 

リビングストンへのバス停はIntercity Bus Terminalから出ているらしい。

ここから2キロくらいなので歩いていく。

途中、郵便局を見つけ、タンザニアのモシで購入した年賀状(ポストカード)を送ることにした。

もう新年明けているんだけど(笑)

約3か月後に届いたみたいです。

 

そして、ルサカのザンビア行きのインターシティーバスターミナルに到着!

IMG_9540

思っていたよりもずっと大きなバスターミナル!

って、思って写真を撮った瞬間・・・

 

「誰の許可を得て写真撮っとんじゃい!」と、ルサカのやくざに言われた。

 

何でお前が仕切ってんねん!!!と思って、

「フリーダムやわ!」と日本語交じりできつく言ったら、何も言ってこなくなったので一安心。

 

ルサカからリビングストンは結構頻発している。

数分後に出そうなハイルーフのバンがあったのでそれで行くことに。

料金は140クワチャ(1400円)、物価が上がったと実感、またはぼられている。

そして、荷物載せようとするときに20クワチャ請求された。チケット買うときに行ってほしい、それなら他の会社にしたのに。せこいわ。

お昼ごはん休憩も挟んで、7時間後くらいにリビングストンに到着!

 

 

リビングストンの宿はFawlty Towers Lodge

ここでは旅人の間で有名なFewlty Towers Lodgeに宿泊。

前日より前にネットで予約すれば少し安くなるらしい。

Wi-Fiはたまに切れるけどまあまあの速さ。

そして、なんとプール付き!

IMG_0381

 

 

ここでまさかの衝撃の発覚!!!

俺はここからボツワナ行って、南下して南アフリカへ行くつもりだ。

日本人に人気のナミビアレンタカー旅はやめておくつもりだった。

 

久しぶりにWi-Fiを使うと、大量のメッセージ等がきていた・・・。

ザンジバル島で会ったなおちゃんからだった!!!

内容は「いつ着くの~、ナミビアのレンタカー旅に付いてとか、着いたら連絡しろ」というものだった。

 

あれ!?

最後に衝撃だったのが「俺を待っていて、連絡が来ないので今日ボツワナに移動した」と来ていた。

 

え!?、なんで??俺ナミビアンレンタカー旅行くことになってんの??

 

しかも、何日も待ってたとか言ってるし。

 

 

確かに!

「リビングストンで待っといて」と、冗談で言ったのは覚えている・・・。

なおちゃんは1月1日のフライトでダルエスからルサカへ飛んでいる。

俺は1月5日のタンザン鉄道で2泊3日でザンビアへ行くので、だいぶ遅くなるので、まさか本当に待っているなんて思ってもいなかった。

宿のスタッフの人も「女の子が何回も確認しに来てた」って言っていた。

 

っと、いうことで、

 

まじで断りにくいので)ルートを大変更して、

 

ナミビアのレンタカー旅に行くことになりました!!!

 

旅先で冗談を言うべきじゃなかった。

 

言っても、これ冗談やからって言っておくべきだった(笑)

 

 

※こんな書き方してるいるけど、ナミビアのレンタカー旅は行ってよかったです。

めっちゃお金飛んだけど。

これはまた後日!

 

 

でわでわ。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ