あっ旅

世界一周を目指し放浪中の旅好きなあほです。

ペルー 世界一周

【ペルー】アマゾンの玄関口チャチャポヤスを歩く。

2018/08/20

おはようございます!

 

温泉の街カハマルカからペルーアマゾンの玄関口であるチャチャポヤスへやってきました。

カハマルカからチャチャポヤスのバスからの景色は絶景なので、ぜひとも日中に移動することをおすすめします!

【ペルー】カハマルカからチャチャポヤスは絶景!!!(安宿情報あり)

 

今記事はチャチャポヤスの街の様子を書いていきます。

C5EA9B4C-DD1A-45CE-86AB-EC21AF0FD0E7

 

チャチャポヤスの簡単な地図

90348296-FAE8-4A8E-891B-B697C6A0F72B

 

 

チャチャポヤスを歩いて観光!

チャチャポヤスに到着して、まず思ったのは道路が砂っぽいことだった。

それに道路や中心地の広場などいたるところが工事中だったので、これからもう少し栄えていくんだろうなといった感じだ。

工事中の中心地の広場

工事中の中心地のアルムス広場

 

1BBC9FAB-B362-41F4-9E9E-0CBB14D5C78D

工事中の道路

 

さすがにメインストリートはきれいに舗装がされている。

昼間よりも夕方以降のほうが人通りが増えてにぎやかな印象だ。

60D4B00C-D98C-4B22-99C8-D7059AB5E950

 

暗くなると、街灯もつき活気と雰囲気が出てくる。

493928D8-B690-41E9-987E-E2F12F1AE602

メインストリートでの写真展

 

写真展の主催者と

写真展の主催者と

 

そして、カハマルカで久しぶりに綿菓子を食べて、少しはまってしまって、また買ってしまった(笑)

ピンクは口の中が赤くなるので白にした

ピンクは口の中が赤くなるので白にした

 

チャチャポヤスの街は標高も2800mあり、涼しくて過ごしやすかった。

 

チャチャポヤスの家壁は白く、ときどき落書きや手形があるのがおもしろかった。

90621597-2446-45B2-8D35-E981CCC14595

93D079F8-F5F5-4C97-88AE-73DE21F7E3C6

 

少し歩けば古い建物、砂っぽい道が続く。

5A96A199-F285-4A79-A3A3-9E94EA18556B

まだまだ発展途中のチャチャポヤスの道路

 

土壁と瓦の家

CDC3CFDC-EF3B-4172-AD18-B7A4077C9D1A

 

都会ではないし、それほど田舎でもないここチャチャポヤスはなんだか居心地がよく、人々の生活も垣間見ることもできた。

チャチャポヤスはまだまだ古い建物も残っている。

42C694E6-4DED-44A3-B938-F9B2B841D4B3

 

 

そして、こういった絵を見ると、「あーアマゾナスへやってきたんだな」と、実感することができる。アマゾン感はないけれど。

EAFC3A6C-8882-4B4F-A998-9BB05E71BFEF

ちなみに、アマゾナスはポルトガル語でアマゾンのことだ。

 

街歩きをしていて気になったのは、写真の奥に見える未舗装の砂道が数本あるところだった。

343D628A-5148-4F9D-AB14-F1E0D6E18AEC

 

気になったものの、めんどくさくなってしまってそこには行かなかった。

近づいて見ると、端っこの方が崖っぽくなっていた。

9FEC5082-75ED-4B16-B0A4-4C191E8A00FF

もしかしたら、徐々に町が削られていっているのかもしれない。

 

ここの足もとに変わった花が咲いていた。

17062542-096E-49F1-AD30-C29DF75ED681

 

普段、旅をしていて、花に興味をもったりも、まじまじと見ることは少ないんだけど、あの崖の風景とこの花の組み合わせが、いっそうぼくに何かを感じさせた。

地元の人が、名前を言っていたが忘れた。

91A48E6F-A6F6-42EB-BF3E-3F48D6DD0913

 

しかし、適当に歩いて見つけた、あの崖とこの花は不思議と、ぼくの心に残った。

 

Cafe Karajia

別に歩き疲れたわけではないけれど、このあたりにメンドーサというところがあって、コーヒーが有名なところがあるらしい。

なので、うまいコーヒーでも飲みたいなと思って、ちょっときれめなカフェへやってきた。

コーヒー一杯は5ソル(150円)だった。

DBAD8E1C-6B30-4339-951F-7B50665C3392

 

カフェのスタッフが言うには、メンドーサはコーヒーもそしてはちみつも有名らしい。

ぼくは最近毎日朝はその辺で1ソル(30円)で袋の中にいくつか入っているパンとピーナッツバター、そして、はちみつを付けて食べていたので惹かれて、小さいカップに入ったはちみつを買った。

DE06861C-2711-4714-8A2A-A3AC29D47AC4

そう、メンドーサという町も惹かれて行きたいなーと思ったのだが、結局行かなかった。

 

実はチャチャポヤス郊外にはいくつも遺跡や村などがある。

ケラップ遺跡がマチュピチュ並みに有名だ。ほかにもベレンやカラヒアなども有名。

A862CD45-62E8-4106-8F7E-304AC3198822

宿にあったこの地図を見つけてしまい、あまり情報を持っていなかった僕の旅は大きく変わった。

 

とりあえず、Karajia Cafeでコーヒーを飲んだのでメンドーサかカラヒアのどちらかに行こうと、カラヒアに行くことにした。

カラヒアは断崖絶壁に立つ石棺らしい。

ちょうど、置物もあったので写真を撮った。

カフェのスタッフとカラヒアの石桶の置物と

カフェのスタッフとカラヒアの石桶の置物と

 

チャチャポヤスのメルカド

メルカドで遊ぶこども

メルカドで遊ぶこども

 

チャチャポヤスのメルカドは2階建てになっていて、2階から一階を見下ろすと、一直線に続くフルーツ売り場を見ることができる。

これがなんだって!感じなのだが、これが一番印象に残ったし独特だった。

473E910A-40F0-47B1-9222-E7890B958EDC

 

売っているものなどは、ほかのメルカドと変わりはない。

E6DA9FEF-8E0C-4D23-B5BE-F926398545F7

野菜コーナー

 

ぼくは朝ごはんに、こういったメルカドの中のパン屋さんか、路上でカゴにパンを入れて売っている人から買っている。

536CE584-4C60-43A0-B6DD-5AAC9584D94D

 

 

追記

カステラ串

カステラ串

 

5ソル飯

5ソル飯

 

 

ここチャチャポヤスにきて、現地に来ないとわからないような情報を知れたのでルートが少し変わった。情報といっても、何があるかは知らないが、「なんとなくおもしろそうな村を見つけた!」といった感じだ。

寄り道をしてイキトスへ、そしてそのままエクアドルへ向かうことにする。

20E7D248-97BD-41BF-9CE7-3FEE25A9180A

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

でわでわ。