あっ旅

世界一周を目指し放浪中の旅好きなあほです。

エクアドル・コロンビア・メキシコ 世界一周

【エクアドル】オタバロの土曜アニマルマーケットと民族衣装がかわいいオタバロ族!

おはようございます!

エクアドルの首都キトから約2時間のオタバロへやってきました。

ここオタバロでは毎週土曜日に中心地で大きなマーケットやアニマルマーケットがあります。

そして、オタバロ族の人々は、女性は民族衣装でかわいく着飾り、男性は長髪です。多分世界で一番長髪の男性が多いのではないかと思います。

今回の記事では、土曜日のアニマルマーケットとオタバロ族の人々を中心に紹介したいと思います。

オタバロの宿情報はこちら

オタバロの地図

D86CBA38-6665-430D-BF61-BE7C64274920

 

 

そもそも、なんでオタバロに来たかと言うと、キトの中心部にあるマーケットを散策しているときに、あるお土産屋さんで伝統衣装を着た女の子と出会って、オタバロでは民族衣装みんな着ているよと教えてもらったからだ。

キトのお土産屋さんにて

キトのお土産屋さんにて

オタバロについて調べていると、どうやら土曜日にアニマルマーケットをやっているので、金曜日からオタバロに行くことにしたのだ。

 

オタバロに到着して、すれ違う人々が(全員ではないが)日常的に民族衣装を着ていて、なんだか嬉しかった。

28DCDC7A-6CB6-4557-A70B-97ADD6DE0ED3

オタバロのバス停しかも、若い女の子の民族衣装はとてもかわいい!!!

若いときかわいくても、年をとるにつれて、おばちゃんたちみたいに丸っこくみんなおなじような見た目になってしまうのかとも思ってしまった。

 

週末に中心地で広場で大きなマーケットをやっていると思ったが、到着した日(金曜日でも)マーケットはやっていた。なかなかの規模だった。

この日は、着いたのが遅く、撤収をはじめていた。

828F3022-E38B-4EB0-8C87-7326E4C62E1D

BA50E9B1-04FD-46BF-A55B-55871EBB08CA

 

しかし、実際の週末のマーケットの大きさはこんなもんじゃなかった!

広場だけではなく、道路を封鎖し、両サイドにずらーっと屋台が出るくらいの規模だった。

翌日に撮影

翌日に撮影

ただ、残念なのが、同じようなものしか売られていなかったことだ。

 

オタバロの土曜のアニマルマーケット!

2AC872B9-C3D5-4AE2-BBE9-0F473C20E3C1

アニマルマーケットは、オタバロだけではなく、世界中で割りとあるが、ここのアニマルマーケットはスペイン語圏なので、個人的に話しやすかった。

 

アニマルマーケットが何時からかわからなかったので7時半ごろに宿を出発!

泊まっている宿からは2キロ近く離れているが、徒歩で十分だ。

歩いていると、アニマルマーケット帰りの人々とすれ違う。

買い物袋を持つかのように、ニワトリを自然に持っているのはおもしろかった!

E98268AA-68B0-44E9-A0E8-709B61C58837

D4E11A67-B257-4FDA-8C01-05986A52FA52

 

アニマルマーケット近づくにつれて、ニワトリだけでなく、牛、豚、羊、ヤギなどの動物を連れている人が多くなった。

C6DB60EF-A265-410D-A791-9987286E0639

0E9C1B9A-3E04-4335-96D2-DB824DEED3FA

 

アニマルマーケットに到着!

13F6FA12-8BE5-4E7C-9406-84EB4DC514DA

思っていたよりも、規模が大きくて驚いた!

 

興味本位に、動物の値段を聞いてまわった!

もちろん同じ動物であっても、大きさで値段は違うので概算程度で。

牛は子牛が180ドルほどで、大きいのが550ドルだった!ちなみに最高額は800ドル!

安いので、何人かで買ってBBQしたかった。

470505B2-AF86-48C7-AB5D-161F5411B6D8

 

羊80ドル、ヤギ50ー60ドル

結構可愛かった。

DC6CA918-06E6-470D-ACD5-6CF92431C579

49527503-AC30-4B1F-BDC3-6DA3717DA050

 

ロバ110ドル、馬(小さめ)100~200ドル

CBC41215-D289-49EE-84D2-947DFFD8CB8A

 

子豚75ドル、普通110~170ドル、大きい豚350ドル

DCA3096F-6200-4530-9844-7BCBCC851B2C

FEF170F5-4ADE-467A-A16B-60D085E1C42C

 

ニワトリ1羽4ドル~大きいは7ドル、ひよこなどは3匹で1ドル

49D81768-BE91-4EFF-BBD9-E9A1A3FA9F2B

 

5887CBF6-7647-4B8F-9457-32025A200A5E

 

まとめ買いしている人も多かった。なによりニワトリの扱いの雑さ(笑)

5E138E07-D614-46B2-9129-A9F19865D82D

 

うさぎ2.5~6ドル

57662E16-0373-451D-A857-901ADF788A1D

 

ハスキー150ドル

A925236F-8590-4C57-AE84-03CA5FA288B4

 

子犬35ドル

D2775A5D-DA3A-4F47-BB28-91D2064B955E

 

ネコ、値段忘れた

146DEBC8-7B27-46E3-896E-AE78102A837F

 

ハムスター4ドル

B653DBE6-39A3-4C42-8455-FBF8AE857C7C

ほかにも、クイ、アヒルなどいた。

アニマルマーケットは見ているだけで楽しいのでおすすめです!無料だし。

 

 

オタバロ族、かわいい民族衣装と長髪の男たち!

B0FD7BC4-F93C-40B6-ADD6-BFD7FC3BF703

 

アニマルマーケットでもどこでも、この町で何よりも目を引くのがオタバロ族の女性が着ているかわいい伝統的な衣装だ。

小さいこどもも着ていることがある。

9A389831-EDD3-4E37-882B-689FFEBE50F5

 

ワイルドにニワトリを持つおばちゃんも着ているのだ(笑)

D511A624-0A48-4B4B-9888-3A4743BE9922

 

彼女たちは日常的にこのかわいい民族衣装を着ている。

観光客向けでないところが、かなり好感を持てる。

12B26C69-D843-44E7-81B2-127433055A3A

 

本当に、こんな美しい女性たちを撮るのならばカメラがあればなと思った。(カメラはペルーで落として壊れた)

011604FA-2D46-45B9-984C-E548C703E537

 

ちなみに、町中で民族衣装は売っているので、旅行者も買う人が多いと言っていた。日本ではなかなか着れなさそうだけど。

2BA1305B-A738-4764-BFC2-FA2C94C59271

 

路上で手売りしていたおねえさん?は22ドルと言っていた。

883CF6D5-3027-4083-9B04-1D4C9879D9D5

高いな~と思ったけれど、刺繍の部分は手作業だそうだ。

 

あとは、この町の男は長髪が多い!

A8D9519B-AE92-4CB6-8611-E2AA0460D80D

こんなに長髪が多いのは、ほかではチベットくらいかな。

若い人や、こどもも長髪が多いので、割合では世界一男の長髪が多い地域だと思う。多分。

 

なんとなく、ぼくの髪形と似ているので、無意味にセルフィーを撮ってまわりました(笑)

83AAA17F-A9CA-4010-87B0-E987AD7ABE7E

23448B7A-C7D7-4A4F-B760-E1D84C07801C

F9F3BEB3-6D5E-45EB-BF70-F07CF7092833

 

以上です。

 

オタバロは、土曜日はアニマルマーケットや中心で大きなマーケットをやっていますが、そうでなくても中心部でマーケットはやっているし、男性の長髪はもちろん、女性も日常的にかわいい民族衣装を着ているので町歩きは楽しいです。

町も小さくて、キトからバスで2時間とアクセスも良く、日帰りで訪れることも可能です。

【エクアドル】キトからオタバロの行き方と宿情報。

キトから、コロンビア方面へ行く人はオタバロを刻んで行くことをおすすめします!

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

でわでわ。