あっ旅

世界一周を目指し放浪中の旅好きなあほです。

インド 世界一周

【インド最西端】巡礼地ナラヤンサロヴァーとコートシュバーを観光!

おはようございます!

今日はグジャラート州ナリヤからナラヤンサロヴァーとコートシュバーへ行って観光します!

ナラヤンサロヴァー(Narayan Sarovar)の場所

コートシュバー(Koteshvar)はナラヤンサロヴァーから約2キロ北に位置します。

ナラヤンサロヴァー、コートシュバー

ナラヤンサロヴァー、コートシュバー

今記事では以下を紹介します!

  1. ナリヤからナラヤンサロヴァー
  2. 巡礼地ナラヤンサロヴァー
  3. 1000万の神々を意味するコートシュバー

ナリヤからナラヤンサロヴァー

9666B3AD-A63C-44D2-992E-90BC3E64B5FE

ナリヤのバスターミナル

ナリヤからナラヤンサロヴァー

  • 出発時間:10時30分発
  • 所要:約1時間半
  • 料金:41ルピー

道中の様子

ナリヤからナラヤンサロヴァーのバス内

ナリヤからナラヤンサロヴァーのバス内

ナリヤからナラヤンサロヴァー、途中下車の人

ナリヤからナラヤンサロヴァー、途中下車の人

ナリヤからナラヤンサロヴァー、途中下車の人

ナリヤからナラヤンサロヴァー、途中下車の人

バス内には少数民族の人たちもいて、降りた際にダメもとで頼んで写真を撮らせてもらいました。彼女たちは基本的に写真を撮らせてくれません。

少数民族の女性

少数民族の女性

少数民族の女性

少数民族の女性

少数民族の女性たち

少数民族の女性たち

ナラヤンサロヴァーに到着!

ナラヤンサロヴァー

ナラヤンサロヴァー

関連記事

【まとめ】グジャラート州はローカルバス移動がおすすめ!旅のルートと費用・時間など。

※後から知ったのですがこの地域はパーミッションが必要かもしれません。ブージで取れるらしい。

 

巡礼地ナラヤンサロヴァー

ナラヤンサロヴァー入口

ナラヤンサロヴァー入口

ナラヤンサロヴァーは巡礼地です。

湖(サロバー)と海の最初の合流点の場所です。そのような合流は神聖であると信じられています。遠くからの巡礼者や聖人たちがこの場所の巡礼に行っています。

※Wikipediaより

このあたりまで来ると、情報は現地で聞かないとないので不安でしたが、あっさりと巡礼宿(ダラムシャラ)にチェックインできました。

巡礼宿外観

巡礼宿外観

1泊130ルピー。※最後に書きますが最悪でした(笑)

8CB12E10-FF0B-457A-81E2-8467844B0226

巡礼宿の個室

巡礼宿の中では無料の食堂もあります。

巡礼宿内の食堂

巡礼宿内の食堂

巡礼宿内の食堂

巡礼宿内の食堂

巡礼宿内の食堂

巡礼宿内の食堂

小学校の給食のような形でプレートに小皿などを載せてご飯などを注いでもらいます。

1FD37F92-BBB0-46BE-92A3-24D890024D3E

巡礼宿内の食堂

巡礼宿内の食堂

巡礼宿内の食堂

巡礼宿の食堂

巡礼宿の食堂の夜

 

さっそくナラヤンサロヴァーの町というか村を歩いてまわります!

 

巡礼宿を出てすぐのところにMain Madir、ヒンドゥー寺院があります。

E3589778-FD51-4DB9-A264-8AAC2342054B

D126D440-1E87-403F-A01D-157B7D110A1E

 

そして、この寺院は壁で周囲をおおわれています。階段から壁を上ることができました。

9D47D332-FF7D-42F5-8866-6E7D59B4B300

26E522EE-0DA7-41DA-A8A8-BE160EF5421C

寺院の外側から見た壁

寺院の外側から見た壁

かつて日本でいう城のような機能もあったのか。

 

この壁の外側に、ほとんど彼果てた湖がありました。

47F9E774-828E-4FB9-9912-2B6A97EAADDB

 

古代では素晴らしい湖として有名だったらしいです。

614CE09F-C41F-46AF-A221-051E77BAFEE7

対岸から撮影

Mansarovar、Bindu Sarovar、Narayan Sarovar、Pampa SarovarおよびPushkar Sarova、ヒンズー教徒による5つの聖なる湖のうちの1つ

※Wikipediaより

Sarovar=湖という意味

 

夜は寺院がライトアップされていました!

444D0471-432E-4D5C-90D0-CE125522D295

 

また、寺院の中で説明してもらったけれど忘れちゃいました。

5898A094-7AD1-440D-93A4-1C6EFF98B723

6F2B2AAC-1A22-41C4-B1CF-C24F1E47C206

 

1000万の神々を意味するコートシュバー

A3F93A23-5886-4BEF-AA11-CF3FD5BBF174

Shree Koteshwar Mahadev Mandir

ナラヤンサロヴァーからコートシュバーは2キロほどしか離れていないので徒歩で行けますが日陰などはないので疲れました。

4433B52D-0225-45A6-9ED0-A3872E6922C5

 

道中はなにもないただの一本道です。

EBE6AE92-408D-4AB1-A644-FD070E381E49

コートシュバー入口

このあたりから印パの国境までは目と鼻の先で軍の基地もありました。しかし、平和的な雰囲気でした。

小さな丘の上にコテシュワルマハデヴ寺院(Shree Koteshwar Mahadev Mandir)はあります。反対側から見るとかっこいいです。

839FF103-9C40-4747-9C3F-026911561BBF

反対側から撮影

入口あたりにはお土産屋さんがいくつもありました。

少し上ったところにある木にインド人はシールを貼り付け、そして祈っていました。

C440D4D4-7136-4600-A1D4-7D3323DC5D4A

2FBB60F0-CB7E-4725-AC9F-EB7C416288AD

 

コテシュワルマハデヴ寺院の内部

25D6595D-77DE-4610-AE8A-D49892A002FF

6019E2D6-6AF3-4B09-874F-A77441B897E8

 

寺院は小さな丘の上にあるのでその先を見渡すことができました。

7F919D75-4C21-43EE-BFFA-AEB3B6617776

 

せっかくなのでさらに先へ進んでみました。やはり、インドはここまで来ても牛なんだと思いました。

C6943368-5A8B-478D-8F59-1769471D43AA

 

あまり気にしていませんでしたがよくよく考えればここがインドの西の果てなんだと気づきました。

最西端、最果て感がありました。

CFB5BA7C-E24C-4152-8D5D-04ACAC932CCA

 

帰り道、夕日を眺めながら歩いた。

自分はこういった辺境地域へよく行くけれど、圧倒的に知識が不足していると考えさせられました。

 

 

この日の夜にヤツが出ました!!!

 

めちゃくちゃたくさん南京虫がいました(泣笑)

南京虫

南京虫

すぐに部屋を変えてもらったんですが、またその部屋にも南京虫がたくさんいてもう諦めました。どうせ明日の早朝にここを出る予定です。当たり前ですが荷物だけはしっかりと死守しました。

 

インドでは南京虫も神聖な生き物として扱われているのでしょうか・・・

多すぎるぞ!南京虫!

痒すぎるぞ!南京虫!

 

インド西の果てからでした。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

でわでわ。