あっ旅

世界一周を目指し放浪中の旅好きなあほです。

世界一周 中国

郎木寺トレッキング!絶景と遊牧民と遭遇!

タシデレー!(チベットのあいさつ)

 

どうも、チベット文化圏に飽きてトレッキングへ行きました。どうも。

 

郎木寺に着いて、メールを確認すると、楽山や康定、リタンで会った井上さんもいるらしいので少し散策して晩御飯を食べた。

 

郎木寺には寺が2つありどちらも入場料30元もする・・・。

 

井上さんは、寺の先にトレッキングルート的なのを見つけたらしく、1人では危ないかもしれないので、翌日一緒に行くことになった。

 

郎木寺はかなり田舎だと思っていたが、ネオンの街並みだった。

46C27566-9D7C-4910-9A11-69973DF6FEAC

 

この街はチベット、ムスリム、中国人が共存する町だが、中国化されていた。

 

 

郎木寺トレッキング

井上さんと朝の7時半集合!

 

水を買って、昼飯のパンを買って、朝ごはんに牛肉面10元を食べた。

B27A79A8-1807-4AA9-830B-F5DF3B81A3F4

ゾルゲあたりから、コップにおちゃっぱを入れてお湯をかけるようになった。

 

山に行くには、入場料が30元する寺を通り抜けなくてはならなかった。

 

別に入口に誰がいるわけではないが、入山料だと自分を言い聞かせて払った。

73FF843D-2F40-4F31-A806-2BC1C99E8C26

 

Lhamo Monasteryへ続く、風景区にもなっている。

58145076-0321-4B6C-AEC5-09806DFDE19F

 

実は、前日に試しにちょろっと入ってみたんだけど、こどもが寄ってきて「票」と言ってくる。密告制度があるのか、それとも黙っておいてやるからちょっと金をよこせと言っているのかはわからなかった。

CBC98454-7A3D-4BEC-9BB9-D8374B9856DF

 

寺は素通りして、先へ進む。

2109B721-DA40-4BE0-9170-D389154A55F5

 

この先は川沿いの道を歩かなくてはならない。

 

道もぬかるんでいて悪い。

 

どうやら馬に乗って、少し先にあるお茶屋さんまで行くことができるらしい。

 

が、馬になんか乗りたくないので歩いた。

EB40DF3A-9466-4D68-8C49-82A045B20661

 

岩の上や、ぬかるんだ道をひたすら歩いた。ビーサンで。

 

でも、急に道がなくなって、川を歩く必要が何か所かあった。

A413794C-1A4F-45A5-88D9-41BCCB8C6D64

 

郎木寺は標高3000mを超えている。

 

もちろん川の水もめちゃくちゃ冷たくって、長い区間だと足の感覚がなくなりそうになった。

 

そして、開けたところに出た!

 

ふもとにお茶屋さんがあるので、帰りに寄ることにする。

 

カルスト地形だ。

F6C1DB51-0A63-4A70-B4AB-204184FA9729

 

前方の分かれ道を右に行くか、左に行くか迷った末、少しだけ左へ進んみた。

10A26E5A-9825-4CC0-BA7A-FF7AF2104472

 

昨日は天気がよかったらしいけど、今日は曇り空!

 

晴れていれば、絶景だっただろうな。

C2B8EDF4-A42D-44CD-BBF6-85AE977B606F

 

開けたところにもどってきて、今度は右方向へ進んだ。

221D2B51-53DA-4B79-97AE-44B07B6346E5

 

なんと、そこには地元の人がいたので驚いた!!!

 

「タシデレー」とあいさつをして、さらに進んだ。

05A5A907-5876-47D0-840E-8AD14EE4B1A0

 

2B88E163-2BC3-44ED-B741-2FD9823FF3C2

 

C1529CDE-04F5-43FD-872A-1359F60D072C

 

8C3EBFD6-0D44-4B62-AFFD-ED292EDD0D65

 

少し高いところへのぼり振り返り、通ってきた道を一望した。

A8A09C4B-E950-4FA1-8866-C4EE26CB1A26

 

そして、また前方にゲルのような家々が数軒見えた!

7910428D-7A13-4E93-98BA-4908E0231BC2

 

なんとなく歩いてきた道で、突然の本物のチベットの遊牧民に会えるかもしれない!そう思い、歩き続けた。

3B974D08-082D-4454-8E8B-C9F90EB55156

 

その中で、一軒のゲルを訪ねてみた。

4144C423-84B7-4557-A72A-21FE3D8AB727

 

お母さんと、娘さん2人がいた。

 

ぼくよりも、井上さんが少し中国語を話せるので会話を試みる。結局筆談になるんだけど。

 

夏だけここに住んでいるそうで、娘さんは学校にも行っているらしい。お母さんは漢字は読めない。

 

ゲルの中を見せてもらった。

E872D700-898B-485A-9CCA-44EA84D70A06

 

もちろん、このゲルで寝泊まりしているそうだ。

 

ベッドは布の下に木の枝を敷いただけ。

0F862CD5-1189-4832-ACA0-908D32F2FAFB

 

そして、チベット人、彼ら主食であるツァンパをごちそうしてくれた。

C8244FDC-084F-470B-81F1-8A4976246844

 

小麦粉?に砂糖やバター、お湯などを入れてかき混ぜて作る。

9AB7A56E-5825-4417-A57B-41E706BC6D4D

 

味は、完全にきな粉だったけど、その時のぼくはツァンパのことも知らなくて、未知の食べ物を食べている感じだった。

 

名前もしらないけど、ありがとう!!!

お母さんと娘2人

お母さんと娘2人

 

ちなみに、スマホを持っていて、充電は太陽光!電波届くのか未確認。

BA59D3A8-8DA8-49A9-B391-DE7B8E826D44

 

彼女たちのお父さんは、このもっと先で羊か何かを遊牧しているらしいので、ぼくたちもさらに奥へ行ってみることにした。

94DDA6B8-3BCC-4516-9E74-722D200AFFF7

井上さん

 

ここからは完全にトレッキングになる。

DC2D4E84-FECD-4B37-8870-E706C290AB1D

 

傾斜も急になり、歩くのもきつくなった。

 

ここまで来たら、どこで引き返すか決めることが難しい・・・。

 

ところどころにヤクや馬がいて、この子ヤクがぼくたちの前を歩いてガイドしてくれた。逃げていただけかもしれないけれど。

E360BDAD-6391-42F6-AED1-9EDF01C7BD0B

 

 

そして、突然!

 

 

「フォーーー!!!」

 

どこかからか奇声が聞こえてきた!

 

誰かがいるということがわかり、とりあえずそこまで行くことにした。

 

ぼくたちも「やっほー」だとか適当に叫びながら、誰かわからない人たちと交信をしながら歩いた。

 

だいぶ歩いて標高も上がってきて、酸素も薄いので正直しんどかった。

5883863C-F5FB-474A-AA37-51C16707AC3F

 

 

ある程度歩いて、彼らがどこにいるのかわかった!

 

丘の上・・・。

 

そして、ついにゼェゼェ言いながら、彼らに出会えた!

1095090E-766C-4C4B-8D34-632133AAA9A7

 

こんな山奥で遊牧民と出会えるなんて、、、!

35EF046C-4CEA-4D7E-A74A-B34405031BEF

 

Mapsmeによると、ここは標高4000m!!!

 

疲れた、しんどい。

 

でも、こんな美しい景色と彼らに出会えた。

160AD316-B9E6-4A0F-A7C9-65EE984E8AE3

 

 

旅って、いいねえー!!!

 

ありがとー!!!!

4D70FF82-24BC-4A37-9083-45581CF3B2AF

※ちなみに、ゲルで暮らす彼女たちのお父さんではないが、知り合いだそう。

 

ビーサンで下るのは危ないので、靴に履き替えて下った。

 

また行きに訪れたゲルとはほかのゲルを訪ねてみた。

F14F4BC3-636D-4B00-BCFA-475809229A94

 

彼女はどうやら去年からここに嫁いきたそうだ。

 

彼ら、彼女たちの素朴さが感じられる一方で、ぼくらからするとかなり過酷な環境で生活していることも知った。

 

帰りに、お茶屋さんで休憩。

C673AC0D-FB4E-4FF6-A0F4-F287832CE82D

 

お母さんと娘で茶屋を切り盛りする。

47B05D2A-B2B8-4ADC-B694-CE20DFA32791

 

大自然の中にあるお茶屋さん

大自然の中にあるお茶屋さん

 

なんと、ゆっくり寄り道したり散策しながら歩いたので往復8時間もかかりました。

 

郎木寺でこんないいトレッキングができるとは思ってもいませんでした。誘ってくれた井上さんありがとうございます。

 

コンサートという名の実演販売!

夜に、スタッフの人から郎木寺でコンサートがあるから行ってみたらいいよと教えてもらったので行ってみた。

 

誰かが歌ったりするのかあ~と思いながら言ってみると、よく日本でも見る通販番組のような実演販売をしていた・・・。

2DC65FD1-4713-4AC0-80D9-853262BCB347

 

多分、コンサートと言って、人を集めたんだろうな。

 

売っているのものが、めっちゃくだらない。

 

鍋や水筒、包丁などの日用品から、無駄に頑丈なベルトや暗いところでも読書ができるライト付きの眼鏡など。

DD86C77B-E107-4DA9-A1B3-220E7B1614E2

 

はじめはサクラがすごいな~と思ってみていたんだけど・・・

 

どうやらサクラではなくって、チベタンたちが本当に買っている。

 

もう笑えるくらいにバンバン売れていた。

井上さんと、水筒を買ったおっちゃん

井上さんと、水筒を買ったおっちゃん

チベットの人たち大丈夫か・・・と、心配になりました。

 

最後に、郎木寺で見つけた乾燥ヤクのち〇こです。

4C30C953-A4C4-4ABE-A3C5-A55F555C9F49

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

でわでわ。