あっ旅

世界一周を目指し放浪中の旅好きなあほです。

世界一周 中国

若尔盖(ゾルゲ)から郎木寺(ラムスン)へ。※宿情報あり

タシデレー!(チベットのあいさつ)

 

朝、バスのチケットも買っておいたし、散策も終わったし、若尔盖(ゾルゲ)から郎木寺(ラムスン)へ行きます。

 

宿のお姉さんたちは荷物を預かってくれたし、美人だし、なぜかネックレスくれたしいい宿でした。

253A839F-E811-4243-B010-A930E4E406E7

 

 

若尔盖(ゾルゲ)から郎木寺(ラムスン)へ

0E7FB972-B049-4624-827D-0FED09532B9E

 

バスは14時半発で26元です。

 

ゾルゲ発のバスのタイムテーブル

5E285444-2EB3-4608-9DA9-EEA9EC809597

 

今回乗るバスはこちら

2C5E9B70-5A6C-40F6-B665-16A353C6C7B7

 

少年がお手伝いしていました。

 

バスターミナル出発してから、ゾルゲの町を出るまでに何回も停められる。

 

そして、ぞろぞろと乗り込んでくる。

 

バスターミナルまで来るのはめんどくさいのはわかるけど、、。

 

草原をバスが抜ける!

 

ときどきヤクの大群に遭遇するときもあれば、ゲルのようなテントを見かけることもあった。

46B46031-1FD4-4742-BA91-FC4525C3872C

 

モンゴルを彷彿させる!

 

トンネルが片側通行だったので、待ち時間。

67840B10-8735-4B1C-87FB-B68A53E48A7A

 

乗客は芝生で寝転んだりしていた。自由だ。

1B3C16EB-D22B-4128-AC40-22D2A1FA2ED9

 

東チベットは晴れればどこも絶景だ!

 

トンネルを抜けたあたりから、荷物配達するし人の乗り降りが多くなり、あまり進まない。

 

途中からは、ヤクよりも、ヤギが増えてきた。

 

17時20分郎木寺のよくわからん道で降ろされた。

 

街並みはええ感じ!

62531EBE-1B80-4587-BD97-4A3E0CDC94FF

 

 

郎木寺の安宿

何も調べてなかったので、ホテルを適当に訪ねる。

0E3FD4F8-3EFA-4515-AC3F-52E879D26068

 

1件目はシングルベッドが3つ並ぶドミが40元(貸し切りでした)

BE7E1E8E-F2BC-4512-A1E7-11A36D98BB1E

 

トイレシャワー共同、コスパはよさそうなのでここに決めた。Wi-Fiもまあまあ。

 

他に聞いたのは横のムスリム経営のホテル80元だった。

 

中国人はいつも値段を先に教えてくれない。いくら?って聞いたり、スマホの電卓を見せたりしても、まずは部屋を見ろと言わんばかりに。

 

ぼくからしたら部屋のクオリティーよりも、まずは値段で、そこから判断する。

 

ビジネス上手なんだろうか。

 

宿のWi-Fiでメールを確認すると、楽山であった井上さんから連絡が来ていた。なんと郎木寺にいるらしい。

 

徒歩30秒離れたユースホテルに泊まっている。

 

ここ郎木寺にユースホテルあったなんて知らなかった(笑)

5902EEF8-C1B3-4EEC-AE96-C125B0DEA504

 

値段はおなじだけど、住宿のほうがコスパは高そう。

 

でも、ユースホステルの方が交流があり楽しそう。

 

東チベットの情報はこちら

東チベット旅行まとめ完全版!(ルート、移動、安宿)

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

でわでわ。