あっ旅

世界一周を目指し放浪中の旅好きなあほです。

インド 世界一周

行き当たりばったり旅の代償、カジランカ国立公園にて(泣笑)。

おはよーっす!

 

6月23~25日に地元今治市で旅の写真展に挑戦します。

IMG_1561

 

 

前回の続き

無事にインド北東部の中心地グワハティーに到着後、アルナーチャルの情報収取とちょっとした観光をしました。

 

 

翌日、

今日は月曜日でアルナーチャルハウス営業日。

 

ここでパーミッションが取れるかはわからないが、行くしかない。

 

10時オープンらしく、念には念をで10時前に着くように行く。

 

ケンタッキーの前あたりからはローカルバスがたくさん通るので、そこでどのバスがディスプールへ行くのかを確認してバスに乗りこむ、10ルピー(20円)

 

ディスプールを過ぎて少し進んだところで降りて、歩いて向かう!!!

 

大通りから一本右に入ったところにアルナーチャルハウス(Deputy Resident Commissioner, Govt. of Arunachal Pradesh)はある。

IMG_1472

 

10時少し前について、アッサム出身の青年と二人して外のベンチで待つ。

まったく英語を話せないので全然会話はできなかったけど感じの良い好青年だった。

相変わらず俺のヒンディー語はトラトラ(ヒンディー語でちょっと)である。

 

友達から教えてもらってよく使う。

 

インド人に「ヒンディー語話せるか?」と聞かれて、

 

「トラトラ」

 

と、答えると謎にかなりうける!!!

 

普通に笑いを取れるのでおすすめ!(笑)

 

10時過ぎても、スタッフは適当に掃除をしている。

 

予想通り10時過ぎに開いて、とりあえず一番偉いマネージャーと話す。

 

担当の人が12時半に来るらしいのでまたその時間に来いと、、。

 

事前に電話でいついるのか確認した方がよさそう。

 

今10時過ぎ、、あと2時間!???(笑)

 

まじか、、、

 

宿は24時間制で15時にはチェックアウトしなければならない。

 

今までの経験上、、これはリスク

 

インドは想像以上に待たされることがある。

 

一度チェックアウトしに帰るか、、このままこの付近にいるかだ。

 

チェックアウトもリスクがある。

 

俺が泊まれるがあんましない。

詳しくはインド北東部旅の中心地であるアッサム州グワハティーに到着!

 

明日また来いってなった場合ホテルは皆無だと思うので、駅野宿が確定するかも、、。

 

チェックアウトに間に合わなければ、もう一泊分取られる。

 

俺はチェックアウトせずにこの辺いたほうがいいと判断した。

 

とりあえずここから行く予定の場所は、

 

  • カジランカ国立公園
  • ナガランド、モン
  • アルナーチャル・プラデーシュ、ジロとタワン
  • メガラヤ州

この4つは行きたい。

 

 

はじめアルナーチャルハウスの机を借りててここで作業してたけれど、近くにショッピングモールがあったのでそこに行くことにする。

セキュリティー上荷物を預けないといけない。

 

そしてインドによくあるカフェコーヒーデイへ。

 

本当かどうかわからんけれど、サーバーがダウンしていてWi-Fiは使えないらしい。

 

Wi-Fi使うために入ったのに、、

 

インド、、。

 

涼んで出た。

 

暇すぎてちょっとはやめにオフィスへ戻る。

 

暇なんでスタッフの人と話す、英語が通じるのでなんだか気が楽。

 

結構ここのスタッフはお金持ってそうな身なりでぼったくってんのかなーとか考えてしまった。

 

12時半になりフォームを記入して、一つ一つ確認もしてもらって不備はないはず!!!

 

2営業日後に受け取りです。

 

詳しくは、、↓

2017年アルナーチャルプラデーシュ州パーミッション取得方法

 

 

 

カジランカ国立公園へ

 

アルナーチャルハウスを後にして、24時間制の宿をチェックアウト!

 

2営業日後に受け取り予定なので、それまで時間つぶしたい!

 

ちょうどいい距離の所にカジランカ国立公園がある。

 

この国立公園は雨の多いらしいこの地方ならではで乾季のシーズンしか開いていない。

 

そしてここカジランカ国立公園はゾウに乗って野生のサイを見ることができる、エレファントサファリが大人気!

 

グワハティー駅の横のASTCのオフィスでカジランカ国立公園までのチケットを購入、300ルピー(600円)

IMG_1475

 

アッサム州のトレードマーク?のサイIMG_1476

 

くっそあつーいバスまずは郊外の新バスターーミナルへ

IMG_1478

 

そっからエアコンバスに乗り換える。

 

荷物下に入れるスペースがなくって、少し窮屈だったけれどまあ快適だった!

IMG_1479

 

 

まさかのカジランカ国立公園の村であるコホラ村には20時過ぎでもうあたりは真っ暗、、。

 

近くにいた人が声をかけてくれて目星をつけていた宿まで送ってあげようかと言われたものの、いろいろとリスクなので近くの所に決めた。

 

DRONGO GUEST HOUSE

IMG_1481
一泊600ルピー(1200円)

ちょっと高いけれど、きれいで悪くない。

IMG_1480

 

時間も遅いので宿の横の食堂でご飯を食べた!IMG_1483

 

安くておいしいチョウメン!!!

IMG_1484

ベジチョウメン40ルピー(80円)

シンプルな味付けで日本人に合う感じ。

スパイシーじゃなく素朴な味というだけで猛烈においしく感じる。

 

あれ?

ここってもしかしたら、、

Back to the Natureさんのブログに乗っていたところだって気づいた。

さらに宿の数件横の旅行会社で無料でWi-Fiが使えるって情報もこのブログで事前に知っていたので助かった。

ありがとーございます。

 

さらに今自分がどこにいるのか不安だったけれど、カジランカ国立公園付近、まあまあいい位置にいるということがわかって安心した。

 

やっぱりブログ等で旅に有益な情報等を発信することで誰かのためにはきっとなるから間違いない。

 

僕の場合は全く役に立たない情報や、リアル、旅のおもしろさも含めて提供できたらなと思っています。

 

 

5月16日

 

翌朝、起きると、、ファンは止っていたし、ブランケットはどっかに吹っ飛んでいた。

 

スマホを見ると全然充電されていない。

 

俺が寝てすぐに停電したんだろうな。

 

さてとエレファントサファリのチケットを買うことができるのは夜の7時からなので下見を兼ねてチケットオフィスの場所を確認しに行く。

 

ここの門をくぐってから、

IMG_1486

 

茶畑に囲まれた一本道を1キロちょいくらい歩く!

IMG_1487

 

そしてちょっと開けたところにチケットオフィスがあるんだけど、、

IMG_1488

 

手前にもチケットオフィス的なのがあって、

 

そこに溜まっているおじちゃんたちが、、一言

 

「クローズ」

 

ああ閉まっているのは知っているよ」と返事を返して見に行く。

 

ふむふむ、やっぱり7時からだよねと、念のため再確認する。

IMG_1489

 

 

その横にあった何気ない紙

なんとなーくかるーく読んでみる。

IMG_1490

 

 

ん?

 

え?!

 

 

えーーーーー?

 

 

ええええええええええええ!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

そーーーゆーーことか!!!!!!

 

 

うわあああああああああああ!!!!!!!!!!

 

 

ここでおじちゃんたちが言っていた「クローズ」の意味が理解できた!!!!

 

 

5月16日から、つまり今日からカジランカ国立公園は閉園なのだ!!!!!!!!

IMG_1490

 

 

うわああああああああ、

 

 

俺カジランカ国立公園でサファリするために来たんだけどなああああ

 

 

まーーじかーーーー!!!!!!!!

 

 

 

インドー!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

と、もはやなんでもインドのせいにして片付けたいけど、

 

今回が俺の完全なるミス、情報収取不足!

 

まあ、行き当たりばったり過ぎて何も調べてもないんだけど、、。

 

 

いやいや、バスのチケット売り場の人も、宿の人もカジランカの村民も誰一人として、なんで教えてくれへんかったん(笑)

 

 

ルンルン気分で閉園のカジランカ国立公園に向かっているから声かけれんかったんかなー、気の毒で、、(笑)

 

 

まあ完璧なる俺のミスっす。

IMG_1491

 

 

とりあえず昨日の食堂閉まっているのでその真横のビビるくらい下手くそなオムレツトーストを食べた。

IMG_1494
IMG_1495

謎のスプーン×2

 

油日本人の20倍くらい使うしさ、、。

 

 

そんでお土産屋さんで大量のサイを見といた、、。

IMG_1492

 

 

 

 

 

 

インドー!!!!!!!!(笑)

 

 

 

 

でわでわ。
最後まで読んでいただきありがとうございました。


にほんブログ村
リアルタイムはTwitter(@jamesiete)

Translate »