あっ旅

世界一周を目指し放浪中の旅好きなあほです。

ペルー 世界一周

【ペルーのアマゾン】イマサ(イマシタ)を散策!対岸の集落にも行ってみた。

おはようございます!

 

アワフン族が住んでいるイマサ(イマシタ)の村を紹介します。

前回の続き:【ペルーのアマゾン】イマサにイマシタ!?民族はいるのだろうか。(アワフン族)

 

イマサの村で、そういえば週に1度のラジオの生放送だったので、インターネット屋に行ってきた。

こんな奥地の田舎のジャングルでもネットがあるのには驚いた。

E869E344-E9C5-40F8-80C1-5D41A2EA1A37

 

決してインターネットのスピードは速くはない。

Wi-Fiも接続すること可能だったので、Wi-Fiを使いラジオに出た。

こどもたちが生放送のラジオ中にも関わらず集まってきたり、話しかけていたりしたのは大変だったが、どっちみちWi-Fiが遅くラジオは途切れ途切れになってしまった。

申し訳ないような気がするけれど、もうどうにもならなかった。

わざわざこんな辺鄙なジャングルの村へ来て、ネット回線を求めている方がおかしいわけで・・・

こどもたちと

こどもたちと

 

 

イマサ(イマシタ)を散策する!

イマサの中心地

イマサの中心地

 

ここがイマサ(イマシタ)の一番栄えているところだ。

パンくらいは売っているので、ピーナッツバターやはちみつを付けて朝ごはんとして食べた。

さて、周辺散策することにしようか。

 

少し歩くと、もうジャングルだ。

183D7C48-0BE4-4EB7-BE42-FB6A5AA8291D

 

そのジャングルの中にある家が、またいい感じだ。

0E22CDA9-8DA6-48F3-90E3-7285570DD6F2

 

木造のトタン屋根の家々

24DCDA34-88EC-47B4-AA9F-C8D99DBB5EB1

 

地元の人からすると普通だけれど、ぼくからするとかなりおもしろいのでどんどん歩く。

すると、昨日宿の屋上で出会ったお姉さんと遭遇!

家に帰るところだというので、付いていった。

ちょっとした丘をのぼる。

9D4289AC-F35F-4DE1-ABF8-96C9FF641388

 

外にある小屋はトイレだそう。

43C7758B-7524-490D-9582-71F605DDC4D4

 

部屋の中へ。

室内というか、屋根と壁の内側と言った感じだ。

ひよこも放し飼い(笑)ときどき段ボールにしまうらしい。

3A0FCF27-D79D-42DA-8854-F2118D856D9A

あんまり生活感はなかった。

コーヒーみたいなのをごちそうになった。

 

2階が寝室なので、ちょっと覗いてきた。

593A8419-9D13-4D74-BE9A-309B85765040

 

2階からの景色

BE0D1C30-ED38-41B5-B031-A8DF4C5340D3

雨が降ったら大変だろうなと思った。壁や屋根に隙間はあるし。

ときどき宿に避難しているのだろうか。

 

次は、中心地の反対方向を歩く。

5BED5150-310F-4853-A45B-A756CC45AD98

 

だんだんと道がぬかるんで、ビーサンでは歩けなくなる。

20B65655-8248-49C8-99D3-B53744C912AD

 

ある程度歩いたら、もう先へ進むことができなくなった。

2C4DF893-8637-436D-890E-764105482459

 

引き返した。

地元の人は長靴履いている人が多く、まあサンダルでもドロドロで歩いていた。

F128E2EA-76D0-4A39-80E3-9C11930A5CC2

両サイドはナタを持ち、真ん中の人は葉を日傘にする

 

 

中心地は学校のある間は静かで、学校が終わると、こどもたちがサッカーをする。

174C48AC-8A96-4B6C-99E3-3AEF35360A38

何かの行進

 

260FB755-AB9B-49D6-86D6-908EB567B5BC

屋台の下で寝るこども

 

14288EAA-8F5C-4E41-B1E3-813F624BFF03

屋台のおばちゃん

 

お昼ご飯

スープ付きで5ソル

スープ付きで5ソル

 

 

対岸の村へ渡る。

この村のそばにはアマゾン川の支流であるマラニョン川が流れている。

周辺には小舟でしか行けない村があり、物資や人も移動している。

3400CA8E-E85A-45C3-9EEE-07051DE34302

 

ときどきヘリコプターの音が聞こえて物資?を届けている。

やはりアマゾンは深い。

987FEBFE-363B-481D-B9B0-9A550302DF77

物資を届けるヘリコプター

 

対岸の村というか、集落まで渡し船が出ていて、1ソルで行くことができるので行ってみる。

渡し船の運転手さん

E0FFF062-FF8B-4C5C-A167-367156A8CE7F

雰囲気が出るので謎にモノクロ

 

エンジンがあるので、すぐに対岸には到着する。

A134A376-BBAF-420D-89FC-FF242311C36E

現地の人には生活の足かもしれないが、ぼくにとってはちょっとしたアトラクションだった。

 

対岸の村の名前は聞いたんだけど、忘れた。

ぼくにとっては名もなき村だ。

その名もなき村から対岸のイマサを眺めるとちょっと発展しているように見えるのはおもしろい。

52E39067-C743-4FE2-8F5F-CD018D2977F0

 

対岸の村に上陸して一番初めに目を惹きつけられたのはこの家でした。

7B46983C-57C5-4ABB-AACF-4D1BF5ABBA76

藁か何かの屋根と、トタン屋根のコラボ!

それにしても変な形してますね。

地面も割とドロドロですし、雨が多いのかなと思います。

 

この村でも、もちろん民族チックな衣装を着ている人はいない。

彼らは、彼女たちは長靴着用率が高い。

1462CC08-199D-42C3-B67F-9E2327E5165D

電線はあるので、電気は通っているんでしょう。

 

対岸の村にやってきただけなんですが、昔ながら感がすごい!

410DEDB1-3892-4A12-B7C5-6465A4BA7DD0

 

D5A05BD1-E234-4CDE-81FB-0E56BE128FE9

 

4A115200-F39F-4D02-B2AC-CA438E8CDA02

 

F541FA4D-D72A-43F6-A6E8-531C262ACDF2

 

おいおい、外で寝ているのか。

0E40C754-8CD6-4DB0-8A1C-4A4ED29D49B3

まあ建物の中も外みたいなもんだけどね。

 

足場の悪い坂道をのぼる。

A57F8CA2-3C0C-4B62-8E08-09BB9316BE41

歩くのは結構大変

ちゃっかり犬も木の板の橋を渡っているのは笑った。

 

この坂をのぼった丘の上には学校があった。

F2942EAD-3BF2-4F3F-87DE-3EAAFA4FF140

いざというときには、ここが安全だろうな。

 

村のメインストリート

7CFD4783-55ED-45FD-82F8-A9FC26C77D1E

 

おそらく水道は共同なんだろう。

EF1ADCA4-20D8-49AC-9812-CE8431F7C23D

 

川沿いに若い子がいたので、一枚写真を撮らせてもらって、

C0B564FC-1A81-45F6-BB7E-5FD0A31ACFDF

 

渡し船でイマサへ戻った。

3E96CA53-4D4E-435E-ABB1-CA3A900A1F7A

 

 

よし、もっとアマゾンの奥地へ行くぞ~!

20E7D248-97BD-41BF-9CE7-3FEE25A9180A

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

でわでわ。