あっ旅

世界一周を目指し放浪中の旅好きなあほです。

ペルー 世界一周

【ペルーのアマゾン】サンタマリア・デ・ニエバへ。

おはようございます!

 

謎の村イマサ(イマシタ)を一通り散策することができたので、さらに奥のサンタマリア・デ・ニエバへ向かいます!

BEE486F4-73F0-4E80-8E24-A1D0DF07A488

ここイマサにATMはなくて、この先の村にもATMがあるか情報がないので、まとまった現金を用意するためにATMがあるであろうバグアまで一度戻ります。

乗り合いのバンから見たんですが、イマサの少し手前の村チリアコ(Chiriaco)にATMがあったような気がします。まあそれは情報がないのでしょうがないです。ちなみに、サンタマリア・デ・ニエバにもATMはありました。

 

ペルーのアマゾナスのルート

20E7D248-97BD-41BF-9CE7-3FEE25A9180A

 

前回の続き:【ペルーのアマゾン】イマサ(イマシタ)を散策!対岸の集落にも行ってみた。

 

バグアの町で一泊する

CF88F609-4CFB-400D-AB3E-D0C3C6ABAFAB

 

イマサ(イマシタ)からバグアに戻ってきた。

バスターミナルに降り立つといろんな客引きたちがやってくる。

ここのバスターミナルは観光客があまり来ないはずなのに客引き争いがある。地元民に対しても。

とりあえず町の中心地へ歩いて向かう。

適当に見つけた宿にチェックイン!

HOSTAL Apple in、一泊40ソル

A68E9B60-6BC8-4513-8C03-05F96DAD0637

Wi-Fiあり

可もなく、不可もなくな印象。

 

バグアの町は特に何もなく、ATMでお金を引き出して、ちょっとふらついて、1ソルのアイス3つ食べたことしか記憶にない。

36E01031-DC4C-48CD-BFE5-C9D7537EC7BF

 

 

バグアからサンタマリア・デ・ニエバへ

なんとなく朝方に人が集まりそうなので8時前にバスターミナルへ。

CE8E13F2-BF4D-46C3-806B-FDB7749600ED

 

うざい客引きが群がってくるが、なんとか良さそうな運転手と交渉して35ソル。

サラメリサからラグーナス、サラメリサ方面へのハンモック船があり、ちなみにバグアから直接港町サラメリサに行くには80ソルだった。

サンタマリアデニエバ乗り継げば30ソルでいけるらしい。その場合、サンタマリア・デ・ニエバの対岸のフアン・ベラスコからシェアタクシーが出ている。

 

優しい人がイキトスまでの行き方を教えてくれた。

F034B36A-A77D-491C-B339-213E536005C7

ラグーナスで乗り換えるか、ユリマグアス経由になるのかだ。

おっさんが言うには、ハンモックは直前の町よりも、バグアなどで買うと15ソルほどで買えて安いらしい。

 

あと3人集まればバンは出発するらしいが、人は集まらない。

やたら、バスターミナルで人が集まり注射を射ているところがあった。

6474183C-9D64-41D0-A18E-F52DE197FC31

 

何かの予防注射のようだったが、スペイン語なのでわからない。

「これからセルバ(ジャングル)に行くんだろ? 打っておいた方がいい」と地元の人たちに言われたので、何かわからない予防注射を打つことにした。

9BCD6068-93ED-4A93-AEA3-FAE1CDACABEE

 

注射を打ち終わるとカードをもらった。

06F2E266-5EC3-4AB3-AF05-6096A838B3E6

F4EB23A2-ED7C-45DD-BE06-A71BFB646A20

 

ANTIMARILICAってなんだろうか。

 

調べてみると、

 

黄熱病だった!!!

73D8A3AF-721F-4F56-B7EF-223621DA1171

黄熱病の予防接種ならもう1年ほど前に受けているけど、大丈夫かな・・・2回目なんだけど(笑)

 

 

結局シェアバンは3時間後出発した。

96036887-9BD2-434B-A6AE-0D5E3518E0CE

 

あのイマサの手前のチャリアコで飯休憩。

食べたステーキがまさかの10ソルだった。肉でかいし美味しかったから良しとしよう。

09AA9719-F454-451D-8FFA-AEBA45070AA1

 

道は舗装されているが、安定のグネグネ道だった。

ちょっとした川を2回わたった(笑)

665FE8F9-F83D-490B-99DF-34BD0C8617D2

 

乗客が途中下車して、少しずつ減っていく。

 

サンタマリア・デ・ニエバ対岸のフアン・ベラスコに16:40に到着した。バグアから約6時間。

とりあえず対岸のフアン・ベラスコでホテル探し。

2A604439-A80F-44EB-A339-A93F975BF290

一つ三ツ星の少し立派なホテルがあったんだけど、ぼくにはオーバースペック!しかもWi-Fiもあるらしい。多分村で唯一かな。

安そうなぼろホテルはオーナーが外出だったので、待つのめんどくさくてやめた。

外国人が珍しいのか、子供がめちゃ話しかけてきた。

 

サンタマリア・デ・ニエバへ船で50セント。

98BD1AF2-4536-4654-998F-1B7462765E66

77B69212-3CCE-4E04-A84B-A19B0533962B

 

ちょっとしたアトラクションみたいで楽しい!

34482314-23A0-4D2E-9869-4B28E77CAFD5

 

川沿いに建つ高床式の家もいい感じ。

B852DFF3-CCBF-404A-8D5E-1F4CC5FEE975

 

フアン・ベラスコの後ろにめっちゃいい虹も見えた!

D83E5456-7C8E-42A1-8451-A18517210018

 

 

サンタマリア・デ・ニエバ

サンタマリア・デ・ニエバの船着き場

86DBDDF4-3890-4BE7-BBEE-C733BA53EBCA

318F0C7C-B4EA-461A-A2F6-58EF6F31BB81

 

宿は船乗り場の近くのHOSTAL Floresで30ソル。

01ADDC9C-9629-4226-8DB0-930166D60EAD

可もなく、不可もなく。

 

宿のレセプションの横に謎の民族のマネキンがあった!

A30EC3D4-0FDB-4919-A22C-B2EB22CC0241

 

ぼく「このあたりには、こういった民族いるの?」

 

宿のスタッフ「んー・・・いないよ」

 

なんでやねん!!!(笑)

 

このマネキンはまじでなんやねん!

 

 

サンタマリア・デ・ニエバの町を散歩する。

町にはメインストリートが一本あり、こじんまりしている。

ペルーならどこにでもある中心地のアルムス広場では、こどもたちがサッカーをしていた。

1703F670-7B0D-4EDE-8F4C-A91916E341AD

 

マラニョン川に沈む夕日を見れるかもと思い、川沿いへいく。

ぎりぎり見れなかったけれど、それはそれでいいや。

8F7FE039-2CB1-482C-9FA3-86F2D4AEC52D

 

反対方面

C2694773-11CA-4588-877B-8E9FF3838528

 

また、ちょっとした道を歩いているときだった。

D795E480-1D27-4D6A-9995-7AA1A78CB992

 

かわいいこどもがいて、

32012BF2-13B9-4FFB-B532-021681BC761B

 

ふと、横を見ると、、

 

リスざる!?

18B3DCAA-F29C-436F-8A56-50A8BE2D3CFE

 

しかも、少年にめっちゃ懐いている。

85E100BF-9CD4-40B7-9CA3-2C4D11B4F3CB

 

あかん、これはかわいすぎる!!!

が、しかし、リスざるはぼくのことを警戒してこっちへ来てくれない。

少年が言うには、このリスざるは野生だそうだ。

それがいつの間にか懐いているのだそう。

0712BED6-8366-4F95-8831-1570D80A9F2A

 

 

なんなんだ、この町は・・・。

6ECA070A-3099-43BC-933F-3DFAB342FA02

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

でわでわ。