あっ旅

世界一周を目指し放浪中の旅好きなあほです。

世界一周 中国

吐魯蕃(トルファン)から烏魯木斉(ウルムチ)へバス移動

こんにちは!

 

個人的にかなり居心地が良かったトルファンを後にして、ウルムチへ向かうことにした。

トルファンの宿で出会ったみなさんと

トルファンの宿で出会ったみなさんと

 

トルファンからウルムチ

トルファンからウルムチへの移動方法は鉄道からバスの2択。

 

宿の子が鉄道が発達している今はもうバスはないと言っていたので、それを確かめるためにバスで行くことにした。

 

ぼくは、そんな捻くれた性格の悪さです。

 

宿からバスターミナルはバスでも行けるけど、歩いても行ける距離なので歩いた。

7F8B10CA-D8FE-422D-8BCD-E58746182845

トルファンの地図

 

トルファンのバスターミナル

EDC820FB-A97C-461A-B94B-D27351839490

 

まさかのですね、思っていた以上にバスの本数が少なくて、13時30分発だった。

 

バスはあることはあるけれど、宿の子が言っていたこともあながち間違いではなかった。

 

トルファンからウルムチまで45元

E22B48EB-27B5-4001-8A72-D0100E2E5D0C

左のカードはバス出発まで時間があるので、荷物を預かってもらう料金だ。1つ5元。

 

適当に、ラグマンなんかを食べたりして時間を潰す。

 

またバスターミナルへ。

 

相変わらず荷物検査を2回されるて、シールを貼られる。

 

13時40分と、10分遅れで出発した。

D9518F7A-21FF-4162-8274-00EBA36D8C56

 

04D12D43-7C76-43A6-8015-73CB7A8B677E

 

横にでかい100キロ超えのウイグルおばちゃんが後からきた。

 

「他の席に行け」と言ってくる。

 

え、なんで俺が、、?

 

後から来たやつに言われる筋合いはないので、移動はしない。

 

とりあえず、「ヤクシー、ラフマッ」で和ませる。

 

シートベルトチェックのがきた!

 

おぼちゃんシートベルトをマックス伸ばしても、届かない(笑)

 

申し訳ないが、まじで笑ってしまった。

 

ということで、おばちゃんはシートベルト免除された。

 

そして、ぼくは閉じ込められた気分だ。

78C42DE5-AE1E-4D38-BE60-185BA4622E65

 

窓から外の雄大な景色しか見えない。

BB6E186D-D5C3-4FA2-AEC8-630B29174A74

 

もちろん検問もあった。

 

ウルムチのバスターミナルに17時に着いた。

※ウルムチにはバスターミナルや鉄道駅はいくつかあるので注意が必要

 

全然、宿までの行き方とか調べてなかったので、その辺の人に聞きまくった。

 

7番バスで紅山まで、そこから歩いて麦田青年旅舎ってところへ。

※ウルムチの宿情報は下記に

 

チェックインしてからウルムチを歩いた。

 

とは、言っても、

 

ウルムチは大都会で個人的におもしろみはなかった。

AF39E78F-EACC-4A3E-BF25-4D58B92C8BDF

 

人民公園

6A9EF52C-2A63-4837-AC2A-D3757418153A

 

A0173475-E54F-444F-9A34-415597187E55

 

66108184-0751-4B88-B72F-3279BE484112

 

おもしろい植毛の広告

16A3855D-D3EA-4C0C-A8DE-5DD104720A1A

 

いい感じにやる気のないスタッフ

1D5254BB-589E-4B60-BFF3-0BDFE86C2CF3

 

なんてことはない、ウルムチは中国の大都市のひとつだった。

 

さぁ、ぼくはここからモンゴル西部へ行くために、青河(チンフー)へ!

 

 

ウルムチの宿情報

40466646-F371-4213-8233-B1979465C6F0

 

宿のユース麦田ドミ60元、50元のドミは空いてなかったので。

普通に設備はいい。

知らなかったけど、少し前まで日本人は差別されていて泊まれなかったらしい。

カザフスタン、モンゴル方面へ向かうバスターミナルも徒歩圏内、バスで一本。

 

場所

A58606C0-13A4-48DA-ADF5-D1618F65A7E5

百盛(Parksson)の横の細い道にある。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

でわでわ。