イスラマバードでパキスタンビザを延長した。

パキスタンビザ延長パキスタン
パキスタンビザ延長
スポンサーリンク

サラーム!(パキスタンのあいさつ)

2019年1月はまだパキスタンのEビザがなくて、東京のパキスタン大使館で3か月のビザを取得しました。

パキスタンビザ

パキスタンビザ

これが結構曲者で、陸路で旅をするぼくからすれば3か月は足りないのだ。ちょうど2年前も、ビザのリミットが迫ってパキスタンを後にした。

そして、今回もそのビザのリミットが迫ろうとしているのだ!パキスタンまで陸路でバンコクからのんびりと、ミャンマーに約1か月、インドをサクッと横断しても2か月くらいかかった。

ビザには “Good for journey upto取得してから3か月後の日付”が記載されている。

これは旅人の間で意見が分かれる。

このビザが有効なのは、取得して3か月間なのか、または入国してから3か月間なのかだ。

2年前にぼくは3か月ルールのせいで2週間ほどの滞在になった。そのとき会った旅人は国境で「いやいや入国してから3か月なんだよ!」とゴネて突破したものも知っている。

そして、今回できるだけ長くというか自分の気分で旅のペースを進めたかったのでビザごときに自分のスケジュールを左右されてたまるもんか!と思っていた。

パキスタンの政府もいいかげんだ!オンラインでどっちかバシッて書いてくれたらこんなに迷うようなことは必要ないからだ。

 

ラホールのビザセンターへ聞きに行ってきた!

ぼくは本当はどうなのかとラホールにあるビザセンターへ向かった。迷いながらもなんとかパスポートオフィスに到着した。この中にビザセンターが入っているそうだった。

ラホールのビザセンター

ラホールのビザセンター

ラホールのビザセンター

ラホールのビザセンター

敷地の中では現地のパキスタン人でごった返し長蛇の列ができていた。そこでは誰もが不満に感じていただろう。絶対に待ちたくないと思った。

ぼくが行くべきビザセンターはこの列に並ぶ必要はないようだ。あの長蛇の列はパキスタン人のパスポートを申請するための列だった。

「ぼくは日本人でビザを延長しにきた」と伝えると、部屋に通されて、お偉いさんのようなおっさんが出てきた。

第一声に「入国してから3か月だ!」と言われた。そう言われたとしてもビザには「upto日付」が書かれているので、今後100%揉めるだろうことが目に見えていた。

じゃあ、公式の紙にそう書いてくれと頼んでみても「入国から3か月だ」と突っぱねられて結局ビザセンターを後にした。名刺をもらっていたらよかったと後悔した。

できないものは仕方がないので先へ進むことにする。

 

先のことだが、ここに書いておくと、イスラマバードのユースホテルで「uptoの日付までしか泊めないよ」と言われ、トライバルエリアツアーに一緒に行ったMさんは宿泊拒否を喰らって宿難民になった。

“入国から3か月”、ルールはそうだったとしても他の人や役人まで徹底されていないのでこれは危険だと判断して、結局ぼくはイスラマバードでビザの延長申請をすることにした。

 

イスラマバードでパキスタンビザを延長した。

パスポートオフィスの場所(似たところが他にあるから気を付けて!)
※最寄り駅はメトロのKashimir Highway Station

パスポートオフィス

パスポートオフィス

上記のビザの件を相談してみた。

すると回答はこうだ。

「入国日から90日間は1カ所に滞在可能だが、Up toの期限日までしか旅行はできない。だから君は延長しなくてはならない」

ラホールのパスポートオフィスのおっさんと言ってる事ちがーう!w

ほんと、彼らの言うことは人や場所によってばらばらだし、表記が紛らわしいので延長をしたほうが無難!

 

パキスタンビザ延長申請

下記がパキスタンビザの延長に必要なもの・注意点

  • パスポートコピー、ビザ、スタンプコピーを一式
  • 2800ルピー(手数料30)
  • 証明写真1枚
  • 滞在証明書(ないので、ホテルの名刺かレシートでごり押し)
  • 気合い(ぼくは受取日に揉めてボスと話した)
  • 注意人物:下っ端の裁量を持たないクソ野郎
  • できるだけ早い時間に行こう

申請書記入

パキスタンビザ延長申請書

パキスタンビザ延長申請書

指定の銀行で2800ルピーを支払うように言われる。

NBP(National Bank of Pakistan)※ちょっと遠いのでタクシーでもいいかも100ルピー

NBP

めんどくさいが同じことを4回書いて、2800ルピーと30ルピーの手数料を支払い紙をもらう。

振込書

そして、パスポートオフィスへ戻り提出。

パスポート1週間ホールド。

パスポート引換券

パキスタンビザ延長受取

1週間待ったうえで再びパスポートオフィスへ。

鉄格子から下っ端の裁量を持たないクソ野郎に滞在証明書がなかったと拒否される・・・!異論は認めないらしい!w

せっかく1週間も待ったのに、1週間後に不備があるからまたね!みたいなのは意味がわからない。申請時にレシートでいいか確認してもらったはずなのに。

ちょっと強引にほかのスタッフにボスに話させてくれと頼んだ。周りのパキスタン人にもお願いした。

そしたら少し待ってなんとかボスと話すことができて理解してもらえてすぐにビザ延長の許可がおりた。

またクソ野郎が「月曜日に来い」とか勝手に言いだしたので、ボスに聞きに行くと今日発行してくれることになった。

まじで裁量のないやつが勝手に偉そうに決めてくんなよな!

 

1時間半待たされたけど無事にパキスタンビザの延長完了!!!

パキスタンビザ延長

パキスタンビザ延長

後から出会った延長した旅人と意見が一致したのだが、あの裁量のないクソ野郎の対応はみんなそう思っていたらしい。本当に彼には気を付けてほしい。

シャンドゥールで会った旅人は時間がないからボスに直接早く発行してくれと頼んだらすぐに発行してくれたらしい。上が許可すればこの国ははやく融通が利く。その逆もあるが・・・。

Eビザになって、延長ができるのかも知らないが、もしイスラマバードで延長などする必要があればパスポートオフィスへ行ってみてください。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。