あっ旅

世界一周を目指し放浪中の旅好きなあほです。

パキスタン 世界一周

2年ぶりのラホールのあれこれ

約2年ぶりにインドからパキスタンのラホールにやってきた。前回は約2週間の滞在で物足りなさが残り、旅を終える前に絶対にもう一度訪れたかった。

旅序盤頃と旅終盤、この2年でぼくもパキスタンもどこか変わったところはあるのだろうか。

ラホールの旧市街

2年ぶりのラホールのあれこれ

ラホールの安宿:リーガルインターネットイン

2年前と同様にリーガルインターネットインのドミトリー、入って右奥のベッドを選んだ。

リーガルインターネットイン

2年前は1泊350ルピーだったのに500ルピーになっていたし、ネズミか何かの糞など落ちていて清潔ではなかったがそんなことどうでもいい。

日本人もちらほらきたが、最近は近所のラホールバックパッカーズのほうが人気らしい。

パキスタン第2の街であるラホールといえども停電は起こる。何故だか美しいというか、異国情緒を感じる。

リーガルインターネットインのトイレにて停電

ラホールのATMで現地通貨パキスタンルピーを引き出す

宿から一番近いAllied BankのATMでお金を引き出す。旅行者の中には必要以上に現地通貨を引き出さない人もいるが、何回もこまめに引き出すのは面倒だしぼくはいつも多めに引き出す派。一人旅だし誰かに頼るつもりもない。

Allied Bank

現地通貨のパキスタンルピーを上限の20000ルピー引き出したら高額紙幣の5000ルピーが4枚で出てきて絶望。物価の低い国でこういった高額紙幣は支払い拒否されることが多く宝の持ち腐れだ。

幸いここは銀行併設で小額紙幣に両替してくれた。

5000パキスタンルピー

それにしても2年前は100パキスタンルピーが110円近くあったのに、今回(2019年3月)は80円くらいになっていて、2020年1月では70円を切る水準にある。

新興国の通貨安は続く。どこどこの国で銀行の定期預金に預ければ年利5%以上とか今の日本で考えるとものすごい国もあるが、為替で損をする可能性もあるので要注意だ。

 

ラホール名物チャマンアイスクリーム

2年前に行きつけだったラホールのチャマンアイスクリームへ

CHAMAN

ラホールといえばこのアイスクリーム屋「CHAMAN」だろう。

やや寒かったが、今回も行きつけになりました。

1カップ2スクープで味を選ぶことができる。新しくキャラメル味が出ていてこれをリピートした。

CHAMAN

ラホールで奇跡の再会

宿のスタッフは2年前とは変わっていたが、リーガルインターネットインに住み着いているパキスタン人(多分)と再会した。向こうもなんとなく僕のことを覚えていた。

また、近所のバックパッカーズにはメキシコで出会った日本人もいて度々遊びに行っていた。

一番驚いたのは2年前にチャマンアイスクリーム屋付近で出会った渋くてかっこいいおじさんと再会したことだ!懐かしい記憶が一気に蘇った!

2017年

2019年

相変わらず「ブラザー!ブラザー!」言っていた。

ぼくも再会が嬉しかったのでプリントアウトしてきてプレゼントした。

プレゼントの写真

2年ぶり念願のパキスタン

パキスタン全土を8の字で大まかに書くと、ラホール→(ムルタン)→カラチ→クエッタ→ペシャワール→イスラマバード(ラーワルピンディー)→ギルギッド周辺→カラーシャとまわる予定。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。