あっ旅

世界一周を目指し放浪中の旅好きなあほです。

一時帰国 世界一周

世界一周一時帰国の理由について。

こんにちは!!!

 

 

インドからバンコク経由(黄熱病の予防接種のため)で日本に帰ってきた。

 

約5ヶ月間の海外旅だった。

 

5ヶ月間長いようで短い旅だった。

 

パキスタンやインド北東部と少しディープな経験もできた。

 

インドの代償か、、体重も約7キロも痩せて帰ってきた(笑)

 

一時帰国の理由の前に、

 

今治出身だけど、あえて東京成田から名古屋、大阪経由で帰ってきたのでそこんとこを書いてから、一時帰国の理由について触れていきたいと思います。

 

先に言っときます。

 

人によってはこんな理由かいと思うかもしれません。

 

 

 

東京から今治まで(via名古屋、大阪)

成田空港に到着して一目散に向かったのは吉野家!

IMG_2942

 

僕はいつも関空を使っているんですけど、関空の場合はすきやへ行きます!

 

まず日本に帰ってきたら牛丼だろうと決めています。

 

バスに乗って渋谷へ

 

去年の自転車日本一周中の海の家のバイトで知り合った友達と軽く飲む!

IMG_2943

 

その後夜の23時半ごろから地元の友達と焼肉。

 

翌日、友人と下北~表参道辺りをぶらついて、

 

夜は乾杯!

IMG_2944

 

夜行バスで名古屋へ向かいます。

 

自転車日本一周していた仲間と名古屋で再開。

IMG_2946

 

味噌カツを食らい、

 

夜は名古屋のシェアハウスでインドカレーパーティー

IMG_2947

GWにインドで合流した仲間もいます。

 

便器のオブジェもあります!?(笑)

 

あ、、何日こいつ同じ服着てんだ、、とお思いの方、安心してください。

 

今日でラストです。

 

そういう問題じゃない?(笑)

 

 

翌日は電車で大阪へ行きます!

IMG_2953

 

実は大阪で去年の自転車日本一周仲間が3人で写真展を開いており、それを見に行きました!

IMG_2949

 

 

んで、

 

翌日に地元今治へ帰りました。

IMG_3028

これはつい最近撮った写真です

 

無事に今治に帰ってくることがで来ました。

 

 

なんでわざわざ一時帰国したの?

一言で言いましょう、、。

 

海外旅行保険に入りに帰ってきました!!!!!

 

ただ、、それだけなんです。

 

海外旅行保険は貧乏人ほど入る必要があります。

 

僕みたいな旅の資金がぎりぎりという人ほどです。

 

なんで海外旅行保険に入ってなかったと言うと、、

 

お金というよりは「めんどくさかったから」です。

 

確かにめんどくさいことですが、めんどくさいことをほっておくと後々さらにめんどくさいこと(一時帰国)になります。

 

それではなんで一時帰国してまで海外旅行保険に入ったかというと、、

  • 出発してからは海外旅行保険に入れない。
  • 無保険のリスクを考えるとやはり入るべきだという結論に至った。

 

出発してからは海外旅行保険に入れない。

僕の場合の話です。

 

アホなので3か月の海外旅行保険の利用付帯があるクレジットカードを使わずに、何の意味もないクレジットカードで航空券やそれまでの移動手段を確保しました。

 

この結果どうなるかというと、、

 

完璧な無保険状態でした。

 

こうなってしまえば、基本海外で一から海外旅行保険に加入することができません。

 

一部の外国の保険会社では入ることができますが、保証が不確かなことがあるのでやめました。

価格は安いですし、一時帰国の費用もかかりません。

 

入るなら日本のある程度しっかりしたところへ加入しよう思った結果、

 

海外で無保険状態で海外旅行保険に入ることができないため、わざわざ一時帰国することに至りました。

 

クレジットの保険へ入っていればまた変わっていたかもしれません。

(調べてないけど)

 

 

無保険のリスクを考えるとやはり入るべきだという結論に至った。

無保険のリスク、、

 

つまり、、

 

何かあれば一発で旅終了になる可能性がある。

 

それだけではなく、お金払えない、、ということになって、借金で済んだらいいんだけど、、

 

シビアな国だと最終的に放置される≒最悪の場合、の可能性もあります。

 

僕は世界一周に出て数日後に細菌性の食中毒でカンボジアの病院に行っています。

IMG_1245

カンボジアで病院送りになった。

 

このときの費用書いてなかったんですが、、

 

約4万ちょいでした!!!

 

 

本来なら数日の入院が必要でした。

 

ここの病院はリッチな病院だったので(保険に入っていれば問題ない)

 

入院費にまず500ドル、そこから一日300ドル最低でもかかってくると猛烈に苦しんでいるときに伝えられました、、。

 

例えば2泊3日だと、500+300×3で最低でも1400ドルはかかることになります。

今の為替(2017,07,13)でおよそ1ドル113円です。

 

概算 最低158000円です。(1400×113)

 

いい病院でも、宿が一泊3ドル、一食1,2ドルのカンボジア、この物価の安い国でそうだったんです。

 

これが医療費の高い欧米や米国なら旅終了です、もはや(笑)

 

ちなみに僕はどうしたかというと、、点滴4本や抗生物質の注射とか(多分)してから、

 

金ないからお医者さんに日帰りでお願いしますと、、

 

「宿で薬飲んで寝てるからお願い」と頼んで日帰りにしました。

 

それでも4万ちょい、、

 

そして入院してないので5日間ほど潰れました。

 

おそらく保険に入っていれば、キャッシュレスで満足のいく治療を受けることができたと思います。

 

ミャンマーで食中毒になった時はローカルな病院へ行き1500円くらいで済みました。

インドでは薬が200円以内では買うことができます。

 

それでも、海外で起こる不測の事態は食中毒だけではないので海外旅行保険に入るに越したことないです。

 

何か体調に異変を感じても海外旅行保険に入っていたら気軽に病院行けますしね。

 

 

以上の理由から、

 

僕は一時帰国をしてまで海外旅行保険に入ります。

 

僕みたいなやつは実際に痛い目を見ないとわからない。

この経験から言います、海外旅行保険は貧乏人ほど(資金ぎりぎりな人ほど)入りましょうね。

 

ちなみに本来の予定ならば、、一時帰国して海外旅行保険に加入してサクッと6月中に再出発する予定でした、、。

 

 

最後に一言。

海外旅行保険は1年間で約20万前後します。

最近日本人の方海外旅行保険を使って携行品を盗られたことにして申請する詐欺をよく聞きますし、実際に会いました。

そういう人は消えてください。

 

 

 

でわでわ。