あっ旅

世界一周を目指し放浪中の旅好きなあほです。

ペルー 世界一周

【ペルー南部のアマゾン】サルバシオンのLaguna Machuwasiへ!

おはようございます!

 

ペルー南部のアマゾンにやってきて、蚊かなにかわからないやつに刺されて、かゆい。

どうも、あつしです!

前回の続き:【ペルー南部のアマゾン】ジャングルの村ピルコパタを歩く。(動物保護センターも)

 

今日はピルコパタからサルバシオンへ行って、観光する予定です。

サルバシオンは、クスコで会ったスペイン在住のボリビア人おすすめのラグーンのようなところがあるらしい。

IMG_6709

ピルコパタとサルバシオンの位置関係

 

それでは行ってみましょうか。

 

ピルコパタからサルバシオンへ

朝方4時半ごろにニワトリの鳴き声と謎の太鼓が聞こえて目覚めた。

もう少し眠いが、サルバシオンへ行くための準備する。

日帰りでもいいかなと思ったんだけど、サルバシオンで泊まることにした。

サルバシオンまでの交通機関は宿の人が手配してくれた。

シェアタクシーで5時半発で10ソルです。

クスコからここまでで30ソルという値段を考えれば高いけれど、前日に調べた感じでは10ソルが相場らしい。

何より、5時半はちょっと早くないですかい!?

ぼくも日本人なので5時半前から待っていました・・・。

IMG_6571

 

5時半過ぎても来ないんですね。予想通りですよ。

外は次第に明るくなってきた、霧が山にかかり幻想的だ。

おばあちゃんが出勤してますね。こんな重いのを引っ張って大変そう。

IMG_6572

 

あい変わらず鶏の鳴き声が村に響き渡る。

シェアタクシーは来ない。

睡眠時間を返してくれ。

6時過ぎに普通の乗用車がきた。

まあ30分ほどなので許す。

 

ひどく汚れたその車は、ほかの乗客も拾って、ぶっ飛ばしながらジャングルの中の道を進む!

アトラクションみたいだった。

 

7時前にサルバシオンに到着。

メイン通りの適当なところで降ろされた。

小さい村だ。

クスコ行き毎日11時に出ていると看板に書いてあったので、もう帰りは心配ない。

 

お腹が減った。

近くの食堂へ。

朝飯6ソルと言われた。

IMG_6621

これから、あと3回はこの食堂に通うことになる。

後に、本当は5ソルということが発覚する。

セマナサンタの影響か、ほかの食堂はほとんど閉まっている。

 

宿は10ソル(300円)でシングルという驚異的な値段!

IMG_6614

トイレシャワーはまあ汚いけど、安さには勝てない。電気通っているだけマシかな!

 

宿からの景色

メイン通り

サルバシオンのメイン通り

 

宿の裏の景色

IMG_6622

軽い散歩をすると、朝から小さい子に泣かれるし、犬に吠えられるし、ネット屋にはWi-Fiはないらしい。

 

 

サルバシオンの観光地Laguna Machuwasi

あのスペイン在住ボリビア人におすすめされたラグーナへ行く!

IMG_6710

 

村から少し離れているが、歩いて向かう。

IMG_6626

 

地図上、手前の赤ピンのところからも曲がることができる。

IMG_6628

 

少し歩いて、

IMG_6629

 

入口で、昨日の動物保護のスタッフと会う。

欧米人かペルー人のツアーに付き添っている。

 

上からラグーナが見えた。

ちょっと想像と違った。

IMG_6634

 

急にジャングルっぽくなっている階段を下りて、

IMG_6632

 

船代10ソルを払い、筏に乗る。

IMG_6642

 

400mほど離れた対岸まで漕いでくれる。

IMG_6645

 

IMG_6644

 

IMG_6646

 

帰りはまた、迎えに来てくれるということで、筏乗りは帰っていった・・・。

 

 

対岸からはジャングルのようになっており、軽いトレッキングのようなことができるらしい。

サルバシオンからマヌー方面へ行くと温泉?で有名なShintuyaというところがあり、そこ出身のペルー人家族と行動を共にする。

IMG_6663

IMG_6658

 

約1.5時間ほどジャングル散策した。

IMG_6671

 

動物はサルくらいしか見ることができなかったが、いろんなアマゾンっぽい植物などを見ることができた。

IMG_6659

 

IMG_6672

 

IMG_6652

 

IMG_6664

 

IMG_6675

 

 

ジャングルのプチ散策を終えて、問題発生!!!

この対岸に迎えに来るはずの筏乗りが待てど待てど来ない!

まあ、別れ際に、いつ来るんだろうなーとは思っていた。

 

お父さんは大声で叫んだりするが、効果はなし。

陸からのアクセスが無理だ。

ぼくの発想では「待つ」しか考えられない。

 

すると、

 

お父さん「あつし泳げる!?」

 

 

「いやいや、冗談はやめてくださいよ~w」

 

「ここ泳げるわけないじゃないですか!」

 

 

しかし、お父さんはまじめだった。

 

お父さん、上半身を脱いだ!

 

そして、泳いだ!!!

IMG_6676

 

まじか・・・

 

すげぇー・・・

 

 

しばらくすると、

 

お父さんが遠くに見えた!

IMG_6682

 

 

お父さん、筏に乗ってきた!!!

IMG_6686

 

そして、家族(とぼく)を乗せて、漕いでいく。

IMG_6618

 

みんな無事生還したのだった。

 

スタッフは一人ぽけーっと寝転んでいて、ほかの人たちは帰っていた。

これ、お父さんが来なかったら帰れんかったやつ!

まじで、感謝しかない。

 

歩いてサルバシオンの村へ。

帰り道のお父さんの背中がかなりかっこよく見えた!

IMG_6692

 

こんな家族のために身体を張ることのできる、家族を守ることができる強くて優しいお父さんに、ぼくもなりたいなと思った。

あ、結婚できたらね。

 

 

サルバシオンの村

IMG_6693

 

IMG_6695

 

IMG_6699

 

サルバシオンは散策するほど、そんなに広くはないし、特に何もない。

それに、雨も降ってきたので、汚い安宿でゆっくりした。

 

飯食うところが心配で、ほかは開いていないので、結局いつものところへ。

朝は6ソル、昼は5ソル払っている。

ウェイターが朝の子だったので、黙って5ソルを渡すと何も言われなかった。

向こうもぼったのがバレていて、気まずいのかな。いや、そんなことを思う思考は持ち合わせていないのか。

それにしても、おかずがないにしても、これで5ソルは高いなあ。

IMG_6698

目玉焼きだけじゃん!(笑)

 

 

翌日、サルバシオンからクスコへ帰った。

11時発、40ソル。

IMG_6700

 

 

行ってみたかったルート

ここサルバシオンから陸路である程度進んでから、船でマヌー方面へ行くことができる。というか、船でしか行けない。

それから、マヌーからプエルト・マルドナドへ多分船で行くことができると思う。

IMG_6713

ぜひとも、こんな感じでペルー南部のアマゾンをぐるっとまわってみたかったのだが、イキトスからエクアドルのコカへと続くナポ川へ行く予定だったので、やめた。

今思えば行っておけばよかったなと思う。何があるのかはもちろんわからないが。

こういうのを行かなかった、やらなかった後悔というんだな。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

でわでわ。