あっ旅

世界一周を目指し放浪中の旅好きなあほです。

エジプト 世界一周

【エジプト】遺跡よりもサッカー!!!in ルクソール。

2018/02/10

おはようございます!

 

カイロでスーダンビザも取得したことだし、後は沈没するだけなのですが、、

2017年11月カイロでスーダンビザ取得情報。

 

今日は思ったよりも長く滞在した居心地の良いカイロからエジプト南部のルクソールという町に移動します。

IMG_2884

 

エジプト人も日本人も、エジプトがうざいのはルクソールのせいだ!と言っていたので、ちょっと不安です。

 

 

バスでカイロからルクソールへ

ルクソールまではバスで行きます。

IMG_2874

 

チケットは当日の朝に買ってました。

IMG_2875

夜9時発の150ポンド(1000円くらい)

 

トルゴマンバスターミナルの場所

IMG_3958宿から歩いていけます。

 

夜9時前にバスターミナルへ向かう。

意外とこのトルゴーマンバスターミナルのバス乗り場は広い。

9時になってもバスは来ず、周りに人は誰もルクソールに行かないので少し不安。

エジプトでは出発時間に来ないことが普通なんだけど、これまで東欧にいたのでちょっと基本出発時間遅れるということを忘れていた(笑)

でも、遅れると思っても、ときどきオンタイムで出発するから困るよね。

 

9時15分過ぎにバスがきた。

荷物代1ポンド(6円)と言われた。

いや、そんなことはないだろうと思い、無視をしたら何も言われないので、彼は第三者であって、払う必要がない。

そういえば、ダハブからカイロに来るときは3人とも一人5ポンド取られた。これは会社の窓口にも確認したら「うん」と言っていたので仕方がない。会社ぐるみだと、何が本当で嘘かわからなくなるよね。

 

俺一人だけ乗せて出発!?

では、なくて、もう中は満席でした。始発どこだよ!

IMG_3959

 

隣のおじいさんは80歳くらいで頭にターバンを巻いている。歌を歌っているのか、それともコーランの一節を唱えているのかわからないが、一人でぶつぶつ言っていた。

途中のサービスエリアのようなところで休憩があった。そこのカフェスペースではまた、多くのターバンを巻いたいかにもエジプト人っておじさんたちがシーシャ(水たばこ)を楽しんでいた。

カイロの街ではあまりターバンを巻いた人は見かけなかったのだが、ここでは見かけた。やはりカイロの街はエジプトの中ではかなり都会なんだろう。

 

夜中にお腹がすいたのでカイロで購入したプロテインバーで空腹をしのいだ。

IMG_3960

 

早朝にルクソールに到着した。

バスターミナルというか、路上に降ろされたのだが、さっそくタクシーの兄ちゃんが寄ってきたけど、無視して、目星を付けていたホテルまでは歩いて向かった。

朝早いこともあり、OASIS HOTELは鍵がかかっていた。暇つぶしに他のホテルの値段も聞きにまわったのだが、ここが一番安かった。

OASIS HOTEL値段忘れたけど、確か一泊500円以内くらいで朝食付き。

IMG_3245

宿の屋上からの景色

 

 

ルクソールの街を歩く~

IMG_3200

この街はたくさんの馬車が走っている。おそらくこの馬車の勧誘がうざいのだと思う。

最終的に1ポンド(6円)とか言ってくるが、絶対にそんなはずはない!だまされてはいけないのだ。

写真も撮ったらお金も請求してきそうだったので、写真はない。

あと川沿いにたくさんのボートの客引きもいて、しつこい。

しつこいけれど、暇なときにでも、どうでもいい話題で話すと意外と楽しく、円満に別れることができる。最後の最後にちゃっかり営業はしてくるけど。

ルクソールのうざいというところは、馬車とボートの客引きなのだろうか。個人的にはそんなにうざいとは思わなかった。

 

宿から歩いていけるルクソール神殿へ向かった。

IMG_3202

ほうほう、これがるくそーる神殿かと思っていたのだが・・・

階段を上がると、ここはルクソール神殿の前にあるモスクでした(笑)

IMG_3205

写真見てなかったからわからなかった。

 

一人の若い子が「おいおい、ここはモスクだぜ!ルクソール神殿の入口は反対側だよ」と、教えてくれた。

そして「たばこ持ってる?」と聞かれた。

持ってないというと、

「なんでタバコを吸わないんだ!タバコを吸ったら筋肉が付くんだ、ほら」とか言ってきた。

そういや、昔インドネシアでも同じようなこと!?を言われた。「タバコを吸わないのはよくないね、病院のベッドが空くだろう?」と。

 

そして、流れで何故か腕相撲することになった。

彼は定期的に筋トレしているそうで、おそらく俺には勝てると思ったのだろう。

が、残念ながら、俺の勝ちだったw

「うんうん、タバコはよくないぜ」と言ってやった(笑)

IMG_3199

 

そしたら、近くにいたガタイのいいおっさんが俺とも勝負してくれと言ってきた。

お前絶対勝ちたいだけやん!!!!!

と、思ったのだが、見た目以上にそんなに強くわない。

少し均衡して、勝てると思ったその時に、腕を浮かせてきたり、そいつの友達が俺のお腹をつついてきて邪魔をしてきたので、イラついてやめた。

負けそうになってズルするとか最高にダサい。

 

国際学生証のようなものもできたので、これで半額で遺跡等入ることができるようになった。

でも、ルクソール神殿は外からも見えるので、これでいいやと思った。

IMG_3203

 

夜はこんな感じでライトアップされていました。

IMG_3231

 

 

同じお金を払うならば、カルナック神殿の方がいいやと思って、その辺走っているミニバンを捕まえて向かった。
確か1.5か2ポンドくらい(10円)

 

カルナック神殿

IMG_3208

 

カルナック神殿は思いのほか大きくて見ごたえがあった!

これだけだと大きさがわかりずらいんだけど、

IMG_3219

人と比較するとその大きさがわかります!!!

IMG_3993

 

遺跡や歴史について詳しくないんだけど、なかなか楽しめた。

IMG_3213

 

IMG_3218

 

IMG_3224

 

こういった壁画も至る所に描かれていた。

IMG_3216

 

 

カルナック神殿からの帰りはナイル川沿いを歩いて帰ることにした。

IMG_3226

 

暇つぶしに客引きと話しながら歩いた。

 

気が付くと、

ナイル川に美しい夕日が沈んでいた。

IMG_3229

 

 

 

自転車でルクソールの対岸へ。

翌日自転車を30ポンド(180円程)でレンタルして、ルクソールの対岸に自転車ごとフェリーで渡ることにした。

IMG_3233

フェリーの料金は1ポンド(6円)

 

いかにもエジプト~な船長さん!!!

IMG_3235

 

船の中で仲良くなった少年たちに誘われて、遺跡に自転車で行くはずが・・・

 

 

気が付けば、、

 

 

サッカーをしている自分がいました!(笑)

IMG_3236

海外でこんな大人数でしたサッカーは久しぶり!

 

めっちゃ楽しかった!!!

IMG_3237

 

炎天下の人工芝の上で裸足やったので、足の裏の皮は大変なことになりました。痛いです。

IMG_3238

 

遺跡とか、いつでも行けるけど、この経験の方が貴重だと思ったので、後先考えずにプレーした結果がこれ。

痛すぎて普通に歩けなくなったけど、そんなことまあ気にしない。

 

それから自転車で王家の谷という遺跡を目指します。

IMG_3239

 

ルクソールの田舎町は本当に自転車を漕いでいるだけで楽しい。

足裏痛いけど(笑)

 

さて、ここからは上り坂です。

噂によれば、まあまあしんどいらしんですが、余裕でした。

IMG_3244

約1年前に自転車で日本一周していた時の経験が役立ちました。

当時のブログはこちら。

あっ旅7~バリィさんと自転車日本一周編~

電子書籍もあるよ~

【初電子書籍出しました】「自転車日本一周10000キロの旅で伝えたいこと」

 

入場のチケットを買って、ぎこちなく歩きながら王家の谷に入場!

またここからしばらく歩かないといけないのです。

みんなあの黄色い乗り物に乗っていたんだけど、貧乏人は徒歩です。足裏痛い。

IMG_3243

 

王家の谷は写真撮影禁止なので、写真がないです。

 

遺跡よりも、サッカーの方が楽しかった。

 

 

ルクソールそんな感じです。

 

 

炎天下の裸足サッカーの代償

IMG_3997

汚い(笑)

 

 

 

でわでわ。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 

毎週金曜日のラジオ「あっ旅通信」とリアルタイムで発信しているTwitter@jamesieteもよろしくねー

 

 

Translate »