あっ旅

世界一周を目指し放浪中の旅好きなあほです。

インド 世界一周

【グジャラート州 ドワルカ・オカー】ディワリに翻弄されて宿難民!

ぼくが旅をしていて一番怖いのは安宿がないというシチュエーションです。

これはお金で解決できることではありますが、自分のポリシーといいますかスタイル的にそういったことはしたくはないんです。これは自転車で日本一周しているときからそうでした。だから台風が来ても野宿(キャンプ)してました。

海外旅行中でもできるだけ安い宿に泊まりたいといった気持ちは変わりませんでした。昔は最安値にこだわっていたこともありましたが、最近はもっぱらほどほどの安いところに落ち着きます。このほどほどの安いところの基準が基本的にインドだと上限500ルピー(約800円)です。

そんな今記事はディワリの日に移動してしまい安宿を見つけられず撤退した記事です。

 

グジャラート州、ドワルカ・オカー

F70FDF9D-E534-4744-9662-BA83ADB1F1EF

ブージからドワルカ行きのローカルバス(夜行)

ブージ滞在中にバスターミナルでローカルバスを予約していました。約250ルピー

グジャラート州のバスの公式サイトGSRTCで時間や値段、空席状況などをチェックできます。ネット予約もできるかも!

 

ぼくが乗ったブージからドワルカ行きのバスは20時半ごろに出発しました!

席のない人たちが通路に座っていました。

ブージ~ドワルカのバス

ブージ~ドワルカのバス

そんなことよりも・・・!

 

このバスの上部はスリーパーのなっており僕の座席のすぐ横にハシゴがあります。

 

横を向くと・・・

 

ブージ~ドワルカのバス

ブージ~ドワルカのバス

 

おっさん、まじふざけんな!!!

 

その足、俺の顔の横!!!

 

とりあえず払いのけることに成功して無事に朝を迎えました。

 

ブージからドワルカは約10時間、早朝に到着した。

ドワルカのバスターミナル

ドワルカのバスターミナル

ドワルカの場所


ドワルカ・オカーはグジャラートの先端に位置する。

 

ドワルカに到着してまだ涼しい間に今日の宿を探したかった。

 

ナラヤンサロヴァーで巡礼宿に泊まったことに味を占め、ここでも巡礼宿に泊まれるだろうと軽い気持ちでいた。最悪どこかの宿に泊まれるだろうと。

 

しかしながらディワリの影響もありヒンドゥー教の聖地であるドワルカはインド人の観光客であふれていました。

0D31C266-2521-4424-973E-D9BC8D2165A4

 

宿を探し聞き込みをしながら、まちを歩きまわった。

 

海沿いに面するこのまちは海岸あたりがガートになっている。

2F7D8F42-E77F-4FB7-A05A-2B286D679D17

 

この奥に見える橋を渡るのは有料だそう。

41570C5C-5A10-45B8-8390-64C1B55D0E38

 

橋を渡るためのチケットの行列

BDEEB013-28AE-49F1-B747-19C059FA622F

 

牛すらも並んでいた。(歩いていた)

07D47D7D-81E5-4DC1-A8A2-32803F79D332

 

多くの宿や巡礼宿に聞き込みをし、いろいろ探しまわったがどこも「フル」だった。これが本当にフルなのかそれとも外国人が宿泊できないのかはわからないがどちらにせよ泊まれない。

実は高級そうな宿は2つほどあいていた。安いほうで2000ルピーだそうで予算オーバーすぎたのであきらめる。

しかしながら宿探しで軽くまちを散策することができた。

C754342D-E729-493B-802D-9A3FB36DA3CD

 

少し離れた海沿いなんてまあまあきれいだった!

ドワルカの海

ドワルカの海

 

安宿がなかったので、とりあえずもう一つの選択肢であるオカーへ行くことにした。

ドワルカはグジャラートの先端の根元のまちであるが、オカーは先端の先っちょである。

オカーはドワルカから約30キロ離れた小さな町でバスターミナルから30分おきにローカルバスが26ルピーで出ている。ちなみにバスターミナルの前からは乗り合いが50ルピーで出ている。

 

もちろんぼくはドワルカからオカーをローカルバスで行く!

 

予想していたことだが、やはり座席争いになった(笑)

 

地元民に負けず、入ってすぐの座席を獲得!!!

7FEFCD5C-1DDD-4D3A-B1A9-986767801A3F

座席争い

ドワルカから少し進んだところの海岸のまちの感じがすごくよかったのでもし宿が見つかれば散策したいなと思ていたら、突然バスが停まった。

 

どうやら故障・・・

 

乗客は外で揉めに揉める!

26A9F7EA-C8C5-4BD1-AF34-3C424FE782DF

 

30分くらい炎天下で消耗した。

 

運転手が代わりのバスを呼んでいるらしいが、遅い。

 

しびれをきらした人たちが散っていく。

 

そして、代わりのバスがやってきた!

 

座席争いは再開する。ぼくは諦めた。

B564642D-05C2-4973-9E31-11AC2F33D624

 

で、バスの故障というトラブルを乗り越え謎の一致団結(笑)

385EB285-979C-427E-975D-C2F4AD359F18

 

結局、人が少なくなっていたので座れました。

 

オカーに到着。

安宿を探すもどこも満室、そして少し立地の悪そうな宿まで歩いていくも閉鎖していた・・・

4E47D330-490E-4276-B731-A4E2B47C6C70

 

海沿いの寺みたいなところで寝てやろうかと思ったけど、休憩だけにした。

354105B9-174F-40B4-95D0-2515688CF713

 

さすがに全荷物を持って朝から歩きっぱなしは疲れた。

 

選択肢を増やすべく、ドワルカへ戻った。

A339DB05-A73B-4FC5-9DB2-EE053449AA62

 

また、ドワルカで地元に人に聞きながら宿探しをするが見つからなかった。

 

これはもうドワルカを出るしかない!できれば夜行バスに乗りたい!

 

ドワルカからジャムナガルへ行った。

 

ジャムナガルからそのまま夜行バスでアーメダバード

21時に出てー朝3時半に着いた。

16973E0E-D637-4D2C-B96F-6B3E90B10645

 

アーメダバードのバスターミナルは早朝でも安心。ベンチで寝た。

 

本当はドワルカからジュナガドやディウなどへ行こうと思っていたが、予定変更!

 

ムンバイへ行こう!!!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

でわでわ。