あっ旅

世界一周を目指し放浪中の旅好きなあほです。

世界一周 中国

中国の楽山で裸族探し!

バスで成都から楽山にやってきた。

 

成都は中国の都市人口ランキングでなんと4位。経済も発展していた。

 

世界のいろんなところをまわって海沿いの都市は発展しやすいと思っていたんだけど、この内陸部ではすごい、さすが中国だと思った。

EC51350A-C5A2-4171-BCBA-46C56FAC69A2

 

成都からバスで南へ約2時間、ビザ申請のためだけにやってきた楽山。

【翌日取得】楽山で中国ビザの申請方法(2018年6月)

※楽山には世界遺産の楽山大仏がある。

 

楽山は中国のただの田舎の市だと思っていたが、まさかの人口350万人越え!!!

 

350万人というのは横浜市と同じくらいの人口!!!

 

バスで楽山の街に入ってからの景色や、中国ビザを申請しに行ったあたりの建物は都会的で、そして、康定行きのバスターミナル(成都から着くところとは異なる)や駅などは巨大だった!

 

中国でおそらく一番簡単にビザを取得することができる楽山なんだけど、びっくりするくらい簡単にビザを申請することができた。

 

楽山で宿泊しているユースホステル周辺には路上市場が細い路地にまで広がっていて、なかなか楽しかった。

F0E0B29C-898A-4570-8F5A-3F5FF17ACD5B

 

野菜を手に持っているひとたちのあとを付いて行って見つけた。

BB9DC31A-F243-400E-B8F7-07DDB0823452

 

成都ですら感じた昭和感をここでも感じた。

2102A89B-D173-4E2E-8D44-574F5F2369CE

 

朝ごはんを食べる前にお年寄りが鉄棒で運動をしていたので、筋トレついでに懸垂をしていると、なんだこいつは!のような表情でまじまじと見られた。

F446E6C6-3245-408E-8637-9727E4787737

 

まあ、確かに、顔は似ていたとしても、ぼくは浮くかもしれない。

 

なぜなら運動しているのはお年寄りだけ。街中にちょくちょく運動することができる設備はあるけれど、中国人は筋トレをしないな。の、わりに腹を出す。

 

朝ごはん

A66D3068-596A-402C-A3C9-33B26A844C5C

 

61E339C7-7A1B-4C60-9ADF-33D412EA1B47

 

一つでは足りないので、ほかのお店のも食べてみるが、よくゲキカラの食べ物を知らずに買ってしまうので注意が必要だった。

 

ぼくは、辛いのが食べられない。

 

牛肉麺を注文するとき「プッラー(不辣)」と言わなければ、たまに真っ赤なのが出てくることもある。言ったとしても、味がないのかちょこんと赤いのを入れてくる。

 

そういえば、ビザ申請のときに出会った日本人(また会うことになる)の方が「唐辛子の歴史は浅いのに、こんなに世界の食文化をかえたのはすごいよな」と言っていたのを思い出した。

 

唐辛子は中国原産ではなく、中南米。

 

朝ごはんを食べて、楽山の街をぶらつく。

50698CCB-5F68-4D75-8F42-D8FCBDF32E41

 

6月末ごろの楽山は暑かった。

 

ぼくはソフトクリームの看板に吸い込まれた。

580CB52A-FB08-439C-B724-D003E7447835

 

しかもだ!

 

ぼくの大好きな抹茶がある!!!

 

でも、言葉が通じない。

 

上の写真を見せて、抹茶ソフトを購入!

58FC3A5F-3526-4F6E-8504-E5733893E237

 

ちょっと味は薄いけれど、ソフトクリームが40円しないのは本当にうれしい。定期的に食べた。

 

そして、歩いていると、路上の散髪屋を発見!

1F65D8E6-7DFC-45DE-A6A2-7FE0FDF5106C

 

ほかにも、いくつかのところで見かけたのだが、中国人のおっさんたちが椅子にちょこんと座り、パパっと散髪されていく姿はおもしろかった。

 

彼らは、美容師?に「こんな髪型にしてよ」だとかオーダーをしていなお任せカットだ。

 

価格を聞くと6元(120円)だった。

 

ぼくも暑いし切りたいと思った。

 

髪の毛の内側だけなんだけど。

 

それでも、ぼくは海外の美容師さんをあまり信用していない。

 

だが、彼の路上で培った腕を信用してみることにしたのだ。立地もいいし。

 

というわけで、

 

路上散髪デビュー

7DF09B98-1869-4C71-B0DB-E338E054A076

 

散髪が終わり、宿に戻ってシャワーを浴びる。

 

ごっそりバリカンでいかれていた。内側の刈り上げているところ広がっているし!(笑)

 

まあ、いいか・・・。

 

裸族探し!

成都の錦里街にて

成都の錦里街にて

 

中国を旅していると、お腹出している男性をよく見る。

 

しかも、日常的に、ごく自然にだ。

 

これはもう一種の文化といってもいいのではないだろうか。

 

個人的におもしろいので(暇だったので)裸族を探してみることにした。

 

街中のいたるところにいる。

 

まず、川沿いを歩いているおっさん

これはなかなか好きなショット

これはなかなか好きなショット

 

楽山は二つの川に挟まれている。

 

そこでイルカを見つけた!

FB20CAEC-5050-4D94-A015-1E384AFA7446

 

と、言うのは冗談で(笑)

 

この川を定期的に泳いでいるグループに会った!

F6E4F3A0-9EDB-4474-BAA0-A99EDF69523E

 

なかなか、流れは速いんだけど、ここにはいないけど最高齢のおじいちゃんは80歳を超えているとかどうとか。

 

「健康」と「暑い」からだそう。

 

そして、海パン姿で去って行ったかっこい裸族だった。

B0D40965-04C7-48D0-9653-0AD86FCDBDC7

 

ほかにも、デート中?の男性

9F725E41-E869-483D-8E7A-F6F57C65A855

 

カードゲーム中のいかつい男たち

7152EC6D-8EDB-4369-B1D7-C8F9CDB1A919

 

風を切るサイクルリキシャのおっさん

6515D0E9-7251-4CCC-A642-FD34B216FCDE

 

もはや、服は着ない。

6BAA5030-BD0D-4CF5-A778-8F4D91BD0AAA

 

注文待ちの、刺青のおいちゃん

140F5329-DDA5-4D33-A03B-D04602D8DC80

 

って、

 

おれは何をやってるんだ・・・。

 

以上、中国の楽山での裸族探しでした。

 

夜ごはんを宿の近くの安い本格的なチャーハンを食べた。

123DF8D7-05E1-4BD0-94CF-09D1368AD494

 

4C50D2E8-3059-4AD6-BDEF-A1766EE84570

 

素朴でおいしい6元チャーハン(120円)

48CE554B-9C32-4AFB-9578-F1585672922D

 

そして、宿の人のご厚意でスクリーンでワールドカップ観戦しました。(1人で・・・。)

AC4F7A63-5DFF-486D-BCA0-C0C3D2F49323

 

明日、東チベットはじめの街である康定へ移動します。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

でわでわ。

 

関連記事

東チベット旅行まとめ完全版!(ルート、移動、安宿)